超キュート!美少女ロックバンド「SCANDAL」!主題歌、挿入歌、エンディングテーマ声優までこなす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
生演奏しました! -SCANDAL-

 28日、新宿バルト9にて、映画『ルー=ガルー』の初日舞台あいさつが行われ、主題歌、挿入歌、エンディングテーマほか、5つの役割をこなしたガールズバンド「SCANDAL」のメンバー(HARUNA、TOMOMI、MAMI、RINA)、藤咲淳一監督、エンディングテーマ「さよならMy Friend」のために結成されたコーラス隊10人が登壇した。

映画『ルー=ガルー』場面写真

 主題歌、挿入歌、エンディングテーマばかりか、劇中にもアニメーションとして登場し、さらに声優にまで挑戦と、1作品5役に挑戦したガールズバンドSCANDAL。藤咲監督が「この映画は京極先生の世界観と、SCANDALとの融合がテーマだった」言うように、この映画を語るうえでは欠かせない存在となっているが、撮影中の感想を聞かれると、「モーションキャプチャーで、わたしたちの演奏シーンをアニメーションで取り込んだのですが、スタジオに全身タイツが用意されていて……。いつもとまったく違う雰囲気での演奏だったのが印象に残っています」と笑顔のHARUNA。

[PR]

 また、アフレコのシーンは相当苦労したと口をそろえてメンバーが言うと、藤咲監督が「劇中の登場人物とSCANDALが似た感じの存在だったので、演技指導もしないで、そのままでやってもらおうと思って……」と演出意図を明かしたが、最後には「やっぱり難しかったよね。ごめんね」と申し訳なさそうな顔をしていた。

 舞台あいさつの途中には、エンディングテーマの「さよなら My Friend」を、mixiで募集したコーラスオーディションで結成されたコーラス隊とともに生演奏。作詞をしたTOMOMIが「リアルコミュニケーションということをテーマに、今も昔も未来も変わらない想いがあるということを伝えたくて作りました」と歌への想いを語った。

 最後にHARUNAが「この舞台あいさつもそうですが、初めて体験していくときに感じるドキドキ感やワクワク感みたいな、青春がいっぱい詰まっている映画なので、ぜひ楽しんでください」と熱い想いで締めくくった。

 本作は、京極夏彦の長編サスペンス「ルー=ガルー 忌避すべき狼」を映画化。連続殺人事件に巻き込まれた少女4人が、閉塞感のある現状を打破しようと立ち上がるSFアニメーション。

映画『ルー=ガルー』は新宿バルト9ほかにて公開中。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]