小向美奈子、仰天の舞台あいさつ!蛇を身体に絡ませる!映画は団鬼六も見放すほどの過激な仕上がりに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ドMです!! -本物の蛇を首に巻く小向美奈子

 28日、映画『花と蛇3』の公開初日舞台あいさつが銀座シネパトスで行われ、主演の小向美奈子水谷ケイ小松崎真理団鬼六成田裕介監督が登壇。フォトセッションでは主演の小向が本物の蛇を首に巻くパフォーマンスを行い、集まった観客の度肝を抜いた。

映画『花と蛇3』場面写真

 最初に作品の感想を求められた原作者の団は、「面白かったですよ。特に小向さんが良かった。これまでいろんな女優を使ったがMの気はなかった。小向はマゾヒストの目をしていて、最初からMだと思っていた」と団流の最高のほめ言葉を送る。これを受けた小向は「ドMです。先生からこの子はMだって断言されてうれしく思います」とあっさりドMであることを告白。さらに作品の見所である緊縛についてたずねられると、「緊縛に興味があったのでお話をもらったときはすごくうれしかった。また機会があったらやりたいですけどね」と撮影を通じて新たな境地に目覚めたことを明かした。

[PR]

 続いてマイクを取った成田監督は、満席の会場を見渡して「このくそ暑い中、会場を見渡すとほとんどスケベな男性諸君。ありがとうございます」とコメントして笑いを取る。さらに撮影中のエピソードとして、現場で小向が裸に近い格好でウロウロしていたことを明かし「若いスタッフもいるんだから、いろんなところを隠してくれと。それが一番苦労しました」と暴露する。これに対して小向は「監督はドスケベです。いきなり放尿シーンから撮影が始まりました。自信がつきましたが、これ以上何をされるんだろうという不安がふくらみましたね」と当時を振り返って苦笑いを浮かべた。さらに再びマイクを取った団も「今回が一番スケベ。何もここまで縛らなくてもいいのに。監督とシナリオライターと緊縛師が勝手につくったドスケベ映画。こんな映画わたしは知りませんから」と笑いを取りつつ、原作者の予想を超える過激な作品になったことを明かした。

 最後は小向が舞台上で蛇を首に巻いてのフォトセッションを行い、「花と蛇、そして小向美奈子をよろしくお願いします!」とメッセージを送って締めくくった。

 『花と蛇3』は団鬼六のSM官能文学「花と蛇」を、激しい濡れ場と共に描く人気シリーズの第3弾。才気あふれる美ぼうのヒロインが、官能のわなによって禁断の快楽の世界へと誘われていく。

映画『花と蛇3』は本日8月28日より銀座シネパトスほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]