上戸彩と成宮寛貴が禁断の恋!人間とバンパイアの恋描く全米NO.1映画で日本語吹き替版に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベラを演じる上戸彩とエドワードを演じる成宮寛貴

 美少女ベラと月のように美しいバンパイア・エドワードの禁断の恋を描く『トワイライト』シリーズ最新作映画『エクリプス/トワイライト・サーガ』の日本語吹き替え版キャストに上戸彩成宮寛貴が決定した。

映画『エクリプス/トワイライト・サーガ』場面写真

 上戸演じる主人公ベラは世界中の女性が憧れる存在。一方、世界一セクシーな男に選ばれたロバート・パティンソンが演じるエドワードの声は成宮が担当。くしくも二人は今年デビュー10周年を迎え、来月9月14日が誕生日という最強カップルだ。上戸は最初オファーがあったとき作品の知名度の高さに少し迷ったそうだ。しかし、引き受けたからには「ベラの声にしっかりハマる様、役をつかみたいです」と意気込みを見せる。成宮とは上戸が17歳のときにはじめて出会ったそうだが「そのころとまったく変わらない成宮くんとまた今回御一緒できてうれしいです」と成宮との共演を喜んでいた。二人が演じるのは禁断の恋だが、それについては、「禁断の恋だからこそ、その苦しさの先にある深いきずなに感動し、たくさん学ぶものがありました」とその根底に隠れる人間的なものを感じ取ったことを明かした。

[PR]

 一方の成宮は、もともとバンパイアものが好きで『トワイライト』シリーズも前作2作品とも見ていたそうだ。「近くにいるのに一緒になれない心情を非常に切なく感じたのと同時に、3人の三角関係にも引き込まれていきました。加えて、ただのラブストーリーではなく、家族のきずなを描いた作品でもあり、映像もとてもおしゃれなので、一気にファンになりました」と作品の魅力を語った。

 シリーズ3作目となる『エクリプス/トワイライト・サーガ』はいよいよ物語の核心に迫る。人間とバンパイアという禁断の壁を越え、再び結ばれたベラとエドワードだが恋人をエドワードに殺された敵バンパイア・ヴィクトリアは次々と凶暴なバンパイアを誕生させ、敵討ちにベラの命を執拗に狙う。ヴィクトリアが生んだ新進のバンパイア集団の襲撃に備えるため、エドワードは恋のライバルであり、天敵でもあるオオカミ族のジェイコブと手を組むことに。ベラを守るため、オオカミ族の掟を破りすべてを捧げるジェイコブの愛。全面戦争を前にますます加速する究極の三角関係と激しく揺れる恋心の行方から目が離せない。

映画『エクリプス/トワイライト・サーガ』は11月13日(土)丸の内ルーブルほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]