AKB48高橋みなみ号泣!……でも「カツ丼食べます」と食欲むき出し!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画では号泣したが笑顔でPRする高橋みなみ(中央右)

 16日、映画『TSUNAMI-ツナミ-』の完成披露試写会が新宿バルト9で行われ、主題歌を担当したAKB48のメンバーから高橋みなみ小嶋陽菜峯岸みなみ渡辺麻友らが登壇。AKB48らしい明るさを振りまきながら、津波の怖さと大切な人とのきずなをアピールした。

映画『TSUNAMI-ツナミ-』写真ギャラリー

 映画を観て号泣したという高橋は、「こんなに大きな津波が来ると、普通に生活している日常が一瞬で奪われる。極限状態になったら自分がまず助かろうと思ってしまうと思うけど、映画では危険を顧みず大切な人を助けようという気持ちが伝わってきた。感動できる映画です!」と感激の様子で熱く語った。

[PR]

 映画ではプロポーズの返事を待つ恋人たちや、再会した父と娘などのもとにも容赦なく津波が襲ってくるが、峯岸はそのことに触れて「こんなときに来なくても良いのに……っていうときに津波が来て、神様って意地悪だなと思います」としんみりした様子。また小嶋も、「男の人がお母さんから電話がかかってきたときに『忙しいからっ』て切ってしまうシーンがあるけど、わたしもお母さんに同じことをやっているなって気付きました。周りの人を大切にしていきたいです」と映画を通して大切な人の存在に改めて気付いた様子だった。

 ところがイベントの途中で、「あと10分で津波が来るとしたら何をする?」という質問が出ると、メンバーたちは一様に本性をむき出しに! 高橋は「家族が心配になると思うけど、もう無理だと思ったらカツ丼食べます。カツ丼大好きなんです」と答えて会場を笑わせ、峯岸に「あきらめないでよ!」と突っ込まれる。さらにほかのメンバーも、最後の晩餐(ばんさん)として「クレープ食べたい!」「馬刺しを食べたい!」などと語り、作品をPRしつつも、AKB48らしく楽しくイベントを盛り上げた。

 『TSUNAMI-ツナミ-』は、『冬の小鳥』のソル・ギョングと『デュエリスト』のハ・ジウォン共演のパニック映画。100万人以上が集うヘウンデビーチで突然巨大な津波に襲われる人々の、それぞれの平凡だが豊かな人生のドラマを描く。

映画『TSUNAMI-ツナミ-』は9月25日より新宿バルト9ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]