ガンダム歴代5機のバナーにファン大興奮!勝地涼、声優挑戦のプレッシャー語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
00 (ダブルオー)の大ファンです! -勝地涼(右端)と声優陣

 18日、丸の内ピカデリーにて、映画『劇場版 機動戦士ガンダム00 (ダブルオー) -A wakening of the Trailblazer-』の初日舞台あいさつが行われ、劇場版に新キャラクターとして登場するデカルト・シャーマン役に挑んだ俳優の勝地涼宮野真守三木眞一郎吉野裕行神谷浩史の声優陣、そして水島精二監督が登壇した。

映画『劇場版 機動戦士ガンダム00 (ダブルオー) -A wakening of the Trailblazer-』ギャラリー写真

 舞台上には初代のRX-78からダブルオークアンタまで歴代5機のガンダムが描かれた巨大バナーが掛けられ、会場に詰め掛けたファンからは、異様なほどの熱気が伝わってくる。そんな中で始まった舞台あいさつ。俳優として数々の作品で個性的な役柄を演じてきた勝地は、日本を代表する超人気アニメ作品で声優を演じたことについて、「ガンダムという歴史ある作品に参加できて幸せです」と緊張気味に話す。また最初はかなりのプレッシャーがあったらしく「声優さんの中に、一人役者がいて、セリフや息づかいが難しく、なんか棒読みになっちゃってるんじゃないか……って意識しちゃいました」と当時の苦労話を話すが、周りの声優陣からは「上手かったよ、棒読みになんかなってないよ!」と優しい言葉が。すると「僕が演じた役は、映画から登場するキャラクターなので、自分の中でイメージを膨らませて演じました。この映画にかかわれて、00 (ダブルオー)の大ファンになりました」といつものさわやかな笑顔を見せた。

[PR]

 刹那・F・セイエイ役の宮野は「やっと00 (ダブルオー)の集大成を見てもらえる日がやってきました。この作品は“今までにない”というのがキーワードになっています。とてもスケールの大きな作品なので、未来に向けて人類がどう向かっていくか……などを感じとってもらえたらうれしいです」と力強く見どころを語ると、他の声優陣からも、「ガンダムという作品に参加できたこと、ファンの力によって00 (ダブルオー)が映画版としてスクリーンにたどり着くことができたこと」に対する感謝の気持ちが相次いだ。

 本作は、テレビアニメ「機動戦士ガンダム00」セカンドシーズン放映終了から2年後の西暦2314年を舞台に、人類の危機が訪れていることを知ったガンダムマイスターたちが、最後の戦いに挑む物語。

映画『劇場版 機動戦士ガンダム00 (ダブルオー) -A wakening of the Trailblazer-』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]