元AV女優・みひろが感極まって涙!「いっぱい葛藤した」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
右から、原作者・みひろ、みひろを熱演した渡辺奈緒子

 18日、映画『nude』の公開初日舞台あいさつがシネマート新宿で行われ、出演者の渡辺奈緒子佐津川愛美永山たかし、そして原作者のみひろ小沼雄一監督が登壇し、会場をさわやかな感動で包み込んだ。

映画『nude』ギャラリー写真

 主演の渡辺が演じたのは、苦悩しながらも夢のためにAV女優という道を選んだみひろの役。この役に入り込むのには相当に苦労したそうで、「葛藤(かっとう)している姿や心を丸裸にさらけ出すのが本当に難しい。どんな風にみひろさんは感じていたか、自分だったらどう感じるかとか思いながら演技をしていた。最初は苦しかった記憶しかない」と明かしたが、「いつも周りの人の支えを感じていたので、初日を迎えられた今はなんて幸せだったんだろうと感じています」と感慨深そうに語った。

[PR]

 また自らの半生をありのままにさらけ出したみひろは、声を詰まらせながら「いっぱい葛藤(かっとう)もしたし、自分の身を削ってきた部分も多かったが、それが本になってマンガになって映画になって、こんなにたくさんの方たちに観に来ていただいているのは、ステキな出会いがいっぱいあったからだと思う。本当にうれしいです」と涙ながらに語り、温かい拍手を送られてさらに感極まっていた様子だった。

 ところが感動的な雰囲気の中、一人お笑い役に徹したは永山。作品中に出てくるキムチ鍋を食べるシーンに触れ、「スタッフが作ってくれたのですが、見るからに美味そう。食べたいな~って思ったけど、この後キスシーンあるなから…ってぼくも葛藤(かっとう)ですよ(笑)。かわりにずっとフリスク食ってました」と、みひろとは違う葛藤(かっとう)を抱えて苦悩(?)したことを明かして会場を和ませた。

 撮影を通してみひろと友情が芽生え、女優としても大きく成長できたという渡辺。最後は「わたしはこの作品に出たい、みひろさんという役を表現したいという決断をして本当に良かったと心から思う。自分じゃない人生をこんなに深く考え、向き合ったのは初めて、すごくいとおしい役。これからもこの気持ちを忘れずにいたいです」と様々な思いのこもった言葉で締めくくった。

 映画『nude』は、AV女優・みひろの今まで語られることのなかったAV女優人生やプライベートの不安、葛藤(かっとう)を赤裸々につづった私小説「nude」を映画化した作品。

映画『nude』は、本日9月18日よりシネマート新宿ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]