映画『源氏物語』紫式部に中谷美紀、安倍晴明に窪塚洋介、藤原道長に東山紀之が決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
紫式部役の中谷美紀と安倍晴明役の窪塚洋介

 生田斗真を光源氏役という主演に迎え映画化される映画『源氏物語』の新たなキャストが発表され、紫式部役に中谷美紀、陰陽師・安倍晴明役には窪塚洋介、藤原道長役には東山紀之と豪華なメンバーが名を連ねていることがわかった。監督は『愛の流刑地』で官能の一大センセーションを巻き起こした鶴橋康夫で男女の情念燃え盛る平安王朝絵巻をどのように描写をするのかにも注目が集まる。

 壮大な恋愛物語を送り出した不世出の文豪を演じる中谷は、「千年の時を経て今も尚語り継がれる物語を綴った紫式部が、長い髪と重い装束の内側に隠した修羅を演じることは、光栄であると同時に恐ろしくもありますが、鶴橋監督を信じてついて行きます」と壮大な歴史絵巻の物語の一員となることに畏敬の念をもって臨んでいることを明かした。

 また藤原道長からの厚い信頼を受け数多くの伝説的逸話を生んだ陰陽師・安倍晴明を演じる、窪塚洋介は、役づくりのため京都・嵐山をめぐっているらしく「みんなが見たことのない、安倍晴明を御覧に入れます。京都/嵐山なう」となぜかツイッター風にコメントした。

[PR]

 また平安時代中期、藤原政権の全盛期を築き上げ栄華の頂点に立った左大臣・藤原道長を演じる東山紀之は、「人生で二度も同じ文学作品に携われるなんて大変光栄です。日本文学最高峰を生み出した“紫式部”。僕は“藤原道長”を演じることをとても楽しみにしています。斗真には負けないぞ!(笑)」と同じジャニーズ事務所の後輩である生田との共演を楽しみにしているようだった。

 撮影は9月20日にクランクインし、岩手と京都を中心に撮影が行われる予定で年内にクランクアップする。公開は2011年の予定。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]