深田恭子、美肩丸出しのドレスでセクシー全開!「ちょっとエッチなふりかけをかけて」には思わず困惑!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
セクシードレス姿の深田恭子

 映画『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』の初日舞台あいさつが25日、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町で行われ、深田恭子椎名桔平塚本高史、そしてメガホンを取った劇作家・鴻上尚史が登壇した。

映画『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』場面写真

 深田は、先日行われた公開記念イベントでの赤いドレスから一転、美しい肩を全開にした黒色のセクシードレス姿で登場し、客席の視線をクギづけに。映画の中では、「ワガママで男を振り回す人気脚本家」「彼女が書く台本の地味で寂しい人妻」「その人妻が書く台本のゴージャスな女性作家」の3役を務めて、さまざまな魅力を振りまいているが、鴻上監督からは撮影中に「今の芝居にちょっとエッチなふりかけをかけて」など少々風変わりな演出指示も飛んだんだとか。

[PR]

 これには普段、どちらかといえば不思議系キャラの深田もさすがに戸惑ったそうで、「とりあえず『はい、分かりました』と答えましたが、実際は難しかった」と告白していた。そんな深田は、男性からの理想的な告白を聞かれ「海とかで大好きーーって叫んでほしい。ベタベタなのが好きなので」と照れくさそうにコメント。しかし、鴻上監督は「そうは言っても目から『好きって言え』ビームは出すんでしょ?」と“反撃”のツッコミ! 深田も「そうですね……ハイ」と小悪魔な素顔をのぞかせていた。

 『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』は鴻上の大ヒット舞台「恋愛戯曲」を、鴻上自らメガホンを取って映画化したラブコメディ。売れっ子脚本家の真由美(深田)は、締め切りを過ぎても1行も書けないスランプ状態に。恋をしないと仕事ができない彼女は、原稿の催促にやってきたサエないプロデューサー・向井(椎名)に「原稿が欲しければ、わたしと恋に落ちて」と迫る。

映画『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』はヒューマントラストシネマ有楽町、シネセゾン渋谷、新宿武蔵野館ほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]