ジェシカ・アルバ、厳しいカトリックのしつけに5歳から反発

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
しつけが厳しくて……。-ジェシカ・アルバ

 カトリックの両親から厳しくしつけられてきたジェシカ・アルバが、あまりの厳しさに5歳のころから反発していたと語った。

ジェシカ・アルバ出演映画『マチェーテ』写真ギャラリー

 「わたしは伝統を重んじるカトリックの家で育ったんだけど、小さい頃からそれに反発する独立精神が強かったわ。今はもう少し自由主義だけど、5歳ですでにフェミニストだったもの。でも両親の信仰心や考えは尊重しているわ」と語り、大人になるにつれ、両親の考え方を受け入れることも学んだものの、自分は独立した女性だという考えは変わらないという。

 新作映画『マチェーテ』では、恋愛のライバルの目をハイヒールで刺すというシーンがあるが、本人は結構楽しんだらしい。「ハイヒールは歩くのよりも、誰かの目を刺すほうがずっと楽しいわね。テキサスで撮影をしていたときはものすごい暑さで、ハイヒールで歩き回るのはキツかったわ」と撮影を振り返る。映画でハイヒールを履きこなし、美脚を見せ付けているジェシカだが、自分のことをセクシーだと思ったことはないという。「周囲がわたしをセクシーだと思っているのは演じているキャラクターのイメージからだと思う」と語り、映画を売るためのイメージが世間に植えつけられているだけだとコメントしている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]