1着55万円超!『新劇場版ヱヴァ』真希波・マリのプラグスーツが登場!貞本義行監修!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
プレイヤーにはぜひ、「胸がキツくて、ヤダ」と言ってもらいたい! - (C)カラー

 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に登場する真希波・マリ・イラストリアスが着用したものを完全に再現したプラグスーツがとうとう完全受注生産販売される。お値段はなんと1着55万3,350円(税込み)! もちろんクオリティーは折り紙つきで、1着の制作に1か月以上、映画でキャラクターデザインを務めた貞本義行も監修に参加した、まさに本物! と言っても過言ではないプラグスーツだ。

真希波・マリ・イラストリアス初登場! 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』場面写真

 今年の夏には発表された、綾波レイと式波・アスカ・ラングレーの2種類バージョンに続いて、真希波・マリ・イラストリアスが着用していたるピンク色のプラグスーツも登場。トレードマークのカチューシャ風インターフェイスヘッドセットも付属しており、身に着けるだけで真希波・マリになりきることができる衣装だ。

[PR]

 採寸・仮縫いから客のサイズに合わせて制作され、独特のフィット感をはじめ、固い素材や細かいラインなども再現しているこのプラグスーツは、制作に1か月以上掛かる特注品。キャラクターデザインを務めた貞本のチェックも入るなど、まさに映画の中のものそのままを目指したものだ。

 値段は通常のコスプレ衣装と比較するまでもなく高価だが、販売元の株式会社コスパの担当者によると、このプラグスーツはコスプレ衣装の限界に挑戦したものであり、この値段設定も決して利益を求めたものではないのだという。まさに他の追随を許さないクオリティーはファンもしっかりチェックしているらしく、夏に発表されたアスカ・バージョンには同価格であるにもかかわらず注文が入ったというから驚きだ。

 2次元のものを3次元に再現するだけでなく、キャラクターが感じるであろう感触の再現まで目指したこのプラグスーツの出来栄えは、『ヱヴァ』の制作会社も脱帽。本当にキャラクターになりきりたいのなら必須の衣装かもしれない? もっとも、値段は相当にお高いので、ご利用は計画的に……。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]