テリー・ギリアム監督、モンティ・パイソン仲間のジョン・クリーズの再婚に大反対

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
テリー・ギリアム監督 - Dave Hogan / Getty Images

 テリー・ギリアム監督が、コメディユニット「モンティ・パイソン」の仲間だったジョン・クリーズの4度目の再婚に反対し、ジョンに「バカな真似はやめろ!」と警告を発している。

テリー・ギリアム監督映画『Dr.パルナサスの鏡』場面写真

 現在71歳のジョンは、これまで3度の離婚を経験。2009年に明らかとなった3度目の離婚劇では、元妻アリス・フェイ・エシェルバーガーへの慰謝料の支払いをめぐる裁判で、約11億円の支払いとともに、以後7年間にわたり毎年約8700万円の慰謝料を払い続けることを命じられてしまい、経済的にがんじがらめ状態に。そんなジョンだが、離婚後間もなく、早くも次なる女性との出会いを果たす。それが、32歳年下のジェニファー・ウェイド。ジェニファーはイギリス生まれのアメリカ育ちで、交際が順調に進んでいるジョンはジェニファーとの再婚も考えているという。

 テレグラフ紙(電子版)によると、ギリアム監督はジョンについて、「もし彼が再婚するようなら、彼は大バカだよ。すでに3度も結婚して、しかも似たような女性ばかりだ。みんなブロンドのアメリカ人。違いと言えば、再婚を重ねるたびに相手が若くなっていくことくらいだね」と強烈な皮肉を語っており、再婚には大反対のようだ。ギリアム監督は直接ジェニファーと会ったことはないそうだが、「僕は70年代からひとりの女性とずっと一緒だ」というギリアム監督、これまでのジョンの女性関係を見れば、苦言を呈したくなるのも理解できる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]