うわさはホント!『アイアンマン』続編、ジョン・ファヴロー監督降板!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ケンカしたわけじゃないよ~!-ジョン・ファヴロー監督 - WireImage / John Shearer / Getty Images

 映画『アイアンマン』シリーズの監督を務め、自ら主人公トニー・スタークの運転手ハッピー役を演じていたジョン・ファヴロー監督が映画『アイアンマン』シリーズから降板することがわかった。

映画『アイアンマン2』場面写真

 最初にVultureが報じたことでうわさになった今回の降板劇。ファヴロー監督が自身のツイッターに「(うわさは)本当だよ。僕は『アイアンマン』の続編ではなく、ディズニーのマジックキングダムを映画化する」と投稿。うわさが真実であったことが判明し、同時にロサンゼルスタイムズのインタビューでその理由を語った。

[PR]

 インタビュー中で監督は、今回の降板理由はギャラの問題や、製作会社マーベルとの結束が薄れたからではないと説明。同社が製作予定の、マーベルヒーローたちが一堂に会する映画『ジ・アベンジャーズ(原題)/ The Avengers』の製作総指揮は務めるし、マーベル社の責任者ケヴィン・フェイグとも変わらず仲良くしていると語り、降板した理由は完成されたものよりも、新しいものを初めから作りたかったから、という、自身の映画作りに対する情熱によるものだと強調。次回作となる予定の、ディズニーのマジックキングダムをテーマにした映画企画に全力投球したい姿勢を見せた。

 映画『アイアンマン2』製作時に、1作目でスタークの相棒ローディ役を演じたテレンス・ハワードが本人への予告なしで降板させられた騒動などもあって、今回のファヴロー監督の降板もマーベル社側による一方的な解雇なのではと思われたが、彼の話を聞く限り、どうやら両者の関係は良好なままのようだ。前作までのファンにとっては非常に残念なこのニュース。さらに気になるのは、監督が演じたコミカルな運転手、ハッピーが続編でも登場するのかだが、両者の関係が良好ならば、その可能性はまだ残っているかもしれない?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]