水谷豊「右京さん!」の大歓声に超ハッピーな笑顔!前売りも前作の約2倍売り上げ『相棒II』大ヒットスタート!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ようこそ「相棒」ワールドへ!! -笑顔の水谷豊、及川光博

 23日、丸の内TOEI1で映画『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』初日舞台あいさつが行われ、水谷豊及川光博益戸育江岸部一徳川原和久山中崇史六角精児神保悟志ら相棒ファミリーが集結。さらに小西真奈美小澤征悦宇津井健國村隼ら映画版のゲスト、そして和泉聖治監督が出席した。本作の前売り券は前作である『相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』の190.5%の売り上げを記録しており、大ヒットは確実とみられている。

『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』写真ギャラリー

 2000年の初放送からいよいよ10周年を迎えた「相棒」シリーズ。本作は、いまだ勢いの衰えない人気シリーズの劇場版第2弾ということで、会場は超満員。「右京さん!」と大歓声を浴びた水谷は、自身の口癖である「さんきゅ!」と呼びかけるなど、のっけからハイテンション。この日は終始、笑顔を崩さなかった。そして「今日は、われわれにとって記念すべき特別な日になりました。皆さまようこそ『相棒』ワールドへ、杉下右京です」とあいさつ。会場は大きな拍手に包まれた。この「ようこそ『相棒』ワールドへ」という言葉は、水谷流の歓迎のようで、小西もその言葉をかけられたと述懐。「この言葉に安心し、嬉しかったことを覚えています。初日を迎えて、わたしもようやく『相棒』チームの一員になりました。感謝の気持ちでいっぱいです」と感激した様子。そして杉下右京の相棒、神戸尊役を演じた及川にとっても本作が映画版初参加となるが、「思えば今年は一年ずっと神戸尊でした。今年を漢字で表すと……、『尊』」とコメントし、会場は沸いた。

[PR]

 そんな水谷について、小澤は「水谷さんの芝居、生き方は、スタイリッシュでクールなのに、ウィットがある。チャップリンの要素を持った人だと思います」と絶賛。すると水谷は「ありがとうございます。先ほどあいさつのときに諸先輩に囲まれと言っていたが、小先輩、小さな先輩と言っていたのかと思いましたが、今の話で諸先輩と言ったのだと分かりました」とウィットに富んだ返しで会場を沸かせた。

 本作は、現在放送中の「season9」の平均視聴率が19.8%(12月15日放送の8話まで)を記録する人気刑事ドラマ「相棒」シリーズの劇場版第2弾。警視庁本部内で起こった前代未聞の籠城(ろうじょう)事件に、警視庁特命係の刑事コンビ、杉下右京と神戸尊が挑む。「相棒を愛してくれて39(サンキュー!)」と題した全国舞台あいさつツアーを行うことになった。前作で36回行われた舞台あいさつを上回る39回の舞台あいさつを行い、全国で約1万7,000人を動員する予定だという。

映画『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]