2010年、最も利益を上げた俳優はレオナルド・ディカプリオ!-フォーブス誌

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
もはや王者の貫禄さえ感じる!?レオナルド・ディカプリオ - 撮影:坂本利幸

 経済誌フォーブスが発表した2010年に最も利益を上げたハリウッド俳優の座に、今年映画『インセプション』『シャッター アイランド』を大ヒットさせたレオナルド・ディカプリオが輝いた。

映画『インセプション』場面写真

 レオナルドがこの2本の映画で稼いだ金額は、全世界で11億ドル(約935億円・1ドル85円計算)になるということで、文句なしのトップとなった。ちなみに、2番目に稼いだ俳優は、こちらも世界中で大ヒットとなった映画『アリス・イン・ワンダーランド』で主人公アリス役を演じたミア・ワシコウスカとなり、驚いたことに、同作品に出演している大スター、ジョニー・デップを抑える形となった。

[PR]

 これは、ミアの出演したアカデミー賞ノミネートも期待されている映画『キッズ・オールライト』が比較的低予算で制作されている一方、ジョニー主演の映画『ツーリスト』はアンジェリーナ・ジョリーとの共演ということもあり、製作費がはるかに高かったためで、結果的に両作品が得た利益に大きな差が生じたのが原因だ。

 他にも、4番手に映画『アイアンマン2』のロバート・ダウニー・Jrが、そして5番手にシリーズ最終章の第1弾『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が公開されたダニエル・ラドクリフが入っている。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]