エンターテインメント界で最も稼ぐ司会者に異母妹が!自分の番組にゲスト出演させる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
波乱に満ちた人生を歩む、「アメリカで最も稼ぐ司会者」オプラ・ウィンフリー - Justin Campbell / Getty Images

 アメリカ有名テレビ番組の司会者兼プロデューサー、オプラ・ウィンフリーに、幼いころに別れた異母妹がいることわかった。オプラ自身が司会を務める番組で発表した。

 オプラによれば、彼女の母親、ヴァニータ・リーさんは、かつて彼女の異母妹にあたる女児を出産したが、育てられる余裕がないとして彼女を養子に出していた。このころ、オプラは母親のもとではなく、父親のヴァーノン・ウィンフリーさんと共に暮らしていたため、母親が妊娠していたことは知らなかったという。

 番組には、実際にオプラの異母妹、パトリシアさんがゲストとして登場。名前については、名字のみの公表となったパトリシアさんは、この事実がメディアによって騒がれれば、オプラに迷惑がかかるだろうと、公表は避けるつもりだったそうだ。だが、この事実をかぎつけた誰かによって「利用される」よりは、公にしたほうがよいと考えたオプラが自分の番組で発表することにしたということだ。

 普通ならば隠しておくような事実を公にしたオプラは、異母妹がいたという事実について「奇跡の中の奇跡」と表現。また、パトリシアさんと初めて会ったときのことについて「最愛の瞬間だった」と述べた後に「自分の人生に、こんな出来事が起こるとは、考えもしなかった」と付け加え、新たな家族の発見に対するうれしさを表現した。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]