2大美女、中谷美紀と戸田恵梨香が不幸過ぎる女を赤裸々に演じる!映画『阪急電車』はタイトルからは想像できない悲惨さ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
最後はハッピーエンド!? - (C) 2011 「阪急電車」製作委員会

 中谷美紀戸田恵梨香が共演する映画『阪急電車』の劇場予告編がオフィシャルサイトにて解禁され、2人の女優がそのタイトルからは想像できないほどに悲惨な恋愛模様を演じていることが明らかになった。本作は、二宮和也主演のテレビドラマ「フリーター、家を買う」の原作者でもある有川浩の同名小説を映画化した作品。テレビドラマでも、とても幸せとはいえない状況からはい上がる主人公の姿が多くの視聴者の共感を得た有川原作の本作は、恋愛に自信の持てない女性も最後は笑顔になれるあたたかい映画に仕上がっている。

 本作で中谷が演じるのは、後輩に婚約者を寝取られたOL。今回解禁された劇場予告編は、そんな中谷演じるOL・翔子と婚約者、その婚約者を寝取った後輩の3人が対峙(たいじ)するまさに修羅場のシーンから始まる。続いて戸田演じる彼氏のDVに悩む女子大生・ミサの姿も映し出され、中谷、戸田が演じた恋の悲惨さが伝わってくる。さらに予告編には、婚約者と後輩の結婚式にウエディングドレス姿で出席する翔子(中谷)、彼氏の暴力で駅のホームに倒れるミサ(戸田)の姿も映し出される。予告編で放たれる中谷の過激なセリフ、戸田の号泣シーンにも注目だ。

 『阪急電車』は、中谷と戸田が恋に悩まされる女性を演じるほか、宮本信子が息子夫婦とうまくいかない老婦人役で、南果歩がセレブ気取りの奥様たちとの付き合いに疲弊する主婦役で、谷村美月勝地涼がおしゃれな大学になじめない地方出身の男女役で出演。さまざまな悩みを抱えた人々の人生が「阪急電車」でにわかに絡み合っていく様子を描いている。

映画『阪急電車』は4月23日より関西先行公開の後、4月29日より全国公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]