本年度アカデミー科学技術賞受賞決定の世界的3DCG技術者が、未来のクリエイターたちに熱血指導!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新たなツールについて、未来のCGアーティストたちに熱心な指導をしたアーノルド・ラモレット氏

 映画『シュレック2』において優れたコンピュータグラフィックス(以下、CG)技術の開発に貢献したことで、2011年アカデミー科学技術賞受賞が決定した世界的な3DCG技術者、アーノルド・ラモレット氏による公開講座「Bakery Relight(TM)」ハンズオンセミナーが、17日に御茶ノ水のデジタルハリウッド東京本校で開催され、映像の未来を担う若きクリエイターたちが熱心に同氏の授業に聞き入った。

 アーノルド氏は映画『シュレック』シリーズのほか、『ロスト・チルドレン』『ファイト・クラブ』など数々の映画制作にCG技術者として関わってきた。2007年にはベーカリー社を立ち上げてCTO(最高技術責任者)に就任し、3年間かけて最先端のCG作成ツール「Bakery Relight(TM)」を開発。この日行われたセミナーは、自由な使い心地が世界中から注目を集めているという同ツールを、アーノルド氏が日本の若者たちに直接指導するという内容になった。

 「私は24年間CG技術者をしています。24歳以下の方はいますか? あなた方が生まれる前からです」と軽いジョークを交えてあいさつを行ったアーノルド氏。「Bakery Relight(TM)」を開発しようと考えた経緯について「映画などの大きなプロジェクトにおける問題点は、コンピューター上で1つパラメーター(プログラムに動作条件を与えるための数値)をいじると、処理が終わるのを何時間も待たないといけないということです。その間技術者はタバコを吸ったり談笑をしたり、Facebookをのぞいたりして時間を潰している。効率が非常に悪かった」と現場の作業効率を向上したかったことを説明。さらに現在市場に出回っているCGソフトについても言及し「アーティスティックなソフトは直感的であるべきだが、マーケットに出回っているものを見るとそれが盛り込まれていないと感じます。もし皆さんがミュージシャンだとして、楽器を弾いても音が鳴らないで、10分後に鳴る状態を想像してください。良いミュージシャンは即興演奏をしながら作品を直していくが、同じことがCGアーティストにも言えます」と独特の言い回しで、アーティストの創作を手助けするツールの不足を指摘した。

 その後アーノルド氏の指導を受けながら、受講生たちは「Bakery Relight(TM)」の直接操作を行った。人間の髪の長さや色を一瞬で変えたり、動物の毛並みを自由な形にしたり、カラフルな色にしたりなど、素早く自由に変更することができる同ツールに受講生たちは興味津々。セミナー終了時間になっても帰る受講生ほとんどおらず、ツールを操作し続けたり、アーノルド氏を質問責めにするなどしていた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]