映画『鋼の錬金術師』、ヒロインの声は坂本真綾に決定!原作・荒川弘描き下ろした全13枚カレンダーが前売り特典

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
荒川先生描き下ろしの1枚は購入してからのお楽しみだそうです…… - (C) 荒川弘/HAGAREN THE MOVIE 2011

 7月2日に公開される映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』で、前売り特典第2弾に、全13枚のイラストを使用した「オリジナル・スクールカレンダー」が決定し、その中の1枚を原作者の荒川弘が描き下ろしたことがわかった。また、今作のヒロイン、ジュリア・クライトン役に大人気声優の坂本真綾を抜てきしたことも発表された。

 シリーズ累計5,000万部を突破した、荒川弘の大ヒットコミック「鋼の錬金術師」の劇場版第2弾となる今作。刑務所から脱獄した男メルビン・ボイジャーの錬金術に引かれたエドワードと弟アルフォンスが、男の後を追い、たどり着いたテーブルシティで、その地に隠された血ぬられた歴史を知ることになるというストーリーが描かれる。(数字などの情報は配給調べ)

映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』は7月2日全国公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]