米グルーポンが販売した6ドルのチケットが48時間で19万枚売れたマシュー・マコノヒーの新作『ザ・リンカーン・ロイヤー』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マシュー・マコノヒー

 日本でも話題となっている共同購入型クーポンサイト「グルーポン」が、マシュー・マコノヒーの新作映画『ザ・リンカーン・ロイヤー(原題) / The Lincoln Lawyer』のプロモーションに一役買っている。

この夏、最高のビーチボディーのセレブはマシュー・マコノヒーとジェニファー・アニストン

 アメリカのグルーポンは、映画館窓口の値段に関わらず、同映画を6ドル(約480円)で鑑賞できるクーポンを48時間だけ発売。19万枚のチケットが売れたと発表している。アメリカでは時間帯と地域によって映画の値段が大きく上下し、都市部の夜間上映だとチケット代は15ドル(約1,200円)というところもある。日本の映画代に比べれば安いが、15ドルの映画が6ドルで観れるとなると、今回のグルーポンのクーポンはかなりお得だ。

 ロサンゼルス・タイムズ紙によると、グルーポンが映画チケットの共同購入を呼びかけたメールは1,000万から1,500万件が送られてらしく、これだけでも大きな宣伝になっているとのこと。6ドルと実際の窓口での金額の差額は、映画会社ライオンズ・ゲートとオンラインのチケットサービス会社ファンダンゴが負担することになっているという。ライオンズ・ゲートは『ザ・リンカーン・ロイヤー』の興行収入については、クーポンの金額ではなく、正規のチケット代で金額を計算すると言っており、実際の収益よりも高い金額が発表されることになる。日本でもぜひ実施してもらいたいプロモーション方法だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]