ビビアン・スー、手描きトートバッグで募金活動 台湾アーティスト70名と一緒に日本へ寄付

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
親身な姿勢がうかがえるビビアン・スー - (C) RitzPro.

 昨年日本での活動を本格的に再始動させた女優のビビアン・スーが、東日本大震災支援のために70名以上の台湾アーティストと共に、手描きトートバッグで募金活動を行っていることがわかった。ビビアンは先日、すでに100万台湾ドル(約270万円、1台湾ドル・約2.7円)の寄付をしていたが、被災地復興のためには協力を惜しまない姿勢が今回のチャリティー活動からもうかがえる。

 ビビアンが参加する手描きトートバッグのチャリティーは、台湾のアーティストが一体となって日本の支援のために行われるもの。もともとは児童慈善協会に贈与するために企画された本チャリティーイベントだったが、日本を襲った大震災に直面し支援するため、すべての募金は日本に寄付されることになった。ビビアンをはじめそれぞれのアーティストがトートバッグに手描きのデザインを施し、28日から開始が予定されている「Yahoo!奇摩」のオークションに出品し募金を募る形だ。

 優しいまなざしと親身な姿勢でデザインを考案するビビアン。愛らしい笑顔が印象的な彼女のファンは日本にも多数いる。今までにないこの震災に対して、国内以外の著名人からの支援に勇気づけられる人も多いだろう。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]