ハリウッドで撮影をする映画は前年比5パーセントダウン スタジオでのセット撮影は人気なし?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画のセット撮影風景はだんだん貴重になるかも? - L. Cohen/ WireImage/ Getty Images

 アメリカの映画製作についての統計結果が非営利団体Film L.A.より発表され、ハリウッドを含むロサンゼルス州で撮影を行っている映画が前年比で5パーセント以上少なくなっていることが明らかになった。ミュージックビデオなどを含めた全体ではロサンゼルスで撮影を行うものの割合が増えているだけに、この結果はロケが多くなっているという昨今の映画制作事情を反映しているのかもしれない。

 ハリウッドで撮影を行う映画は、前年の同時期に比べて、約5.3パーセント減少。これは数字に直すと2010年には929日あったロサンゼルスでの延べ製作日数が、2011年には880日にまで減っていることになる。ミュージックビデオやコマーシャル、学生映画なども含めた数字では、1万1,087日から1万1,604日へと約4.7パーセント増加しており、ロサンゼルスでの撮影自体が減っているわけではなさそう。むしろセットを組んだスタジオ撮影よりは、海外ロケを含む撮影を最近のハリウッド映画界は好んでいるのかもしれない。

 映画同様に数値の減少が見られるのは、ドラマなどのテレビ番組。全体で約3.7パーセント減少している。だが、この分野ではドラマ・リアリティー番組が減っている一方で、スタジオ撮影が多いとされる「フレンズ」「フルハウス」に代表されるようなシットコムの撮影は前年比で約80パーセントも上昇しているのが見て取れる。

 ほかにもミュージックビデオやコマーシャル、企業番組といったロケハンを必要としないジャンルは軒並み増加傾向にある様子。映画やテレビドラマといった分野は、製作費が潤沢なこともあり、海外ロケといった大仕掛けをすることが多いのかもしれない。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]