てっちゃんも歓喜!485系車両の部品を解体してプレゼント!まえだまえだ航基と「くるり」岸田繁も血が騒ぐ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レッドエクスプレスと集合写真 鉄道好きの熱い思いあふれるイベントとなった

 17日、福岡県北九州市の九州鉄道記念館において、九州新幹線をテーマにした映画『奇跡』のトークショーが行われ、本作の脚本も手掛けた是枝裕和監督と、主演のまえだまえだ前田航基前田旺志郎)そして主題歌を担当したバンド「くるり」の岸田繁が登場し、本作の魅力や鉄道への思いを語った。この日は、九州新幹線の全線開業に伴って定期運行を終了した485系車両の部品がプレゼントされる解体抽選会も行われるとあって、抽選で集まった鉄道ファン50人も集合し、熱気うずまくイベントとなった。

映画『奇跡』場面写真

 本作の企画を持ちかけられたときから、子どもを中心にした話にしようと思っていたという是枝監督は「最初男の子と女の子が出会う話にするつもりだったけど、この兄弟に会って、全部脚本を変えて兄弟(まえだまえだ)の話にしちゃった。あまりに魅力的で」と前田兄弟を大絶賛。2人も、楽しい撮影だったと口をそろえた。一方、大の電車好きということもあって「電車も好きだし、映画も好きだし、485系も大好きな電車なので、ワクワク大興奮で来ました」と兄弟に負けないくらいの、無邪気な表情で語った岸田は、「415系がそんなに出てこなかったけど、817系とか新幹線とか出てきて、描かれ方も乗客の目線で過剰な演出がなくて良かった」とマニアならではの視点から映画の魅力を語った。

[PR]

 その後行われた解体抽選会は、九州新幹線の全線開業によって定期運行を終了したJR九州の特急系電車で、赤い車体が親しまれた485系車両「レッドエクスプレス」の部品がプレゼントされるというマニア垂ぜんもののイベント。集まった鉄道ファンに向けて「いい部品持って帰ってください。僕は余ったらもらえるらしいけど、欲しいものがなくなると寂しいので秘密にしておきます」とコメントした航基お目当ての車両のエンブレムは二つともなくなってしまい、少し落胆する場面あったが、岸田が解体された部品の説明を入れるなど盛り上げ、終始にこやかな雰囲気の中で行われたイベントとなった。

 本作は、先月12日に全線開業となった九州新幹線をテーマに、心が離れてしまった家族のきずなを取り戻そうと奮闘する2人の少年(まえだまえだ)の姿を追った感動作。少年たちの離婚した両親に大塚寧々オダギリジョーがふんするなど、魅力的な役者陣の演技にも注目だ。(編集部・入倉功一)

映画『奇跡』は6月4日より九州地方で先行公開後、6月11日より全国で公開。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]