松雪泰子、「それいけ!アンパンマン」で宇宙人の声優に!エネルギー不足の星をアンパンマンが救う!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
松雪泰子とココリン(右下)

 大人から子どもまで幅広い世代に愛され続けている国民的な人気を誇るアニメーション、「それいけ!アンパンマン」の劇場版23作目映画『それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星』のゲスト声優に女優・松雪泰子が決まった。

映画『それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星』場面写真

 松雪の役どころは、今作のタイトルにもなっている、ヘンテ星を救うため奮闘するココリン役。アンパンマンが宇宙へ飛び立ち、エネルギー不足の星、ヘンテ星の危機を救うため、冒険と友情の物語を繰り広げるという、社会問題でもあるエネルギー問題にもするどく切り込むメッセージ色の強い内容だ。このヘンテ星の住人で映画オリジナルのおっちょこちょいの小さな宇宙人ココリンの声優を松雪が務める。松雪の子どもがアンパンマンの大ファンということもあり、「今回は、日本を代表する普遍的なアニメ、映画『それいけ!アンパンマン』に声優として、参加できることを大変うれしく思っています。たくさんの夢や希望を子どもたちに与えてくれる、アンパンマン。もちろん、わたしのファミリーの子どもたちも大好きな作品です。震災後の今、大変な状況だからこそ……未来ある子どもたちに心の底から笑って楽しむ喜びと、夢を持ち続け、諦めないことの大切さを伝えたい……子どもたちに、沢山の元気を届けたいと思っています」とココリン役に松雪自身の思いも込めたことを語った。

[PR]

 また同時上映の『うたって てあそび アンパンマンともりのたから』のゲスト声優には大沢あかねが決まった。大沢はキンタローの孫娘で明るく元気な力持ち、森の仲間の人気者のターザンの女の子キンタン役の声優を務める。大沢は、「長年、沢山の方に親しまれ、愛されている映画『それいけ!アンパンマン』に参加させていただくことになり、とてもうれしく思いわたし自身も楽しみにしております。わたしも母として子こどもと楽しんでみたいと思っているので、子どもたちだけではなくお父さん、お母さんにも一緒に楽しんでもらいたいと思います。そして震災で大変な思いをされている皆様に、アンパンマンを通して一人でも多くの皆様の顔に笑顔が戻りますように......。そんな夢と希望を届けられるようなお手伝いが少しでも出来るよう頑張りたいと思います」とやはりお母さん目線でアンパンに参加できることを喜んでいることを明かした。

 やなせたかし氏の作詞したアンパンマンのテーマ曲は、メッセージ性が強い歌詞として以前より多くの人の心の支えになっていた。東日本大震災の後もラジオ局にたくさんリクエストが入り「元気になった」「勇気をもらった」という声が寄せられていた。(編集部・下村麻美)

『それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星』同時上映『うたって てあそび アンパンマンともりのたから』は7月2日より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]