シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『スター・ウォーズ』ブルーレイボックス発売は9月16日に決定!注目は9枚目のディスク 多くの削除されたシーンやパロディ傑作選も

『スター・ウォーズ』ブルーレイボックス発売は9月16日に決定!注目は9枚目のディスク 多くの削除されたシーンやパロディ傑作選も
左から全6作品収録の「コンプリート・サーガ」と新三部作収録の「プリクエル・トリロジー」、そして旧三部作を収録した「オリジナル・トリロジー」

 今年1月に予約開始が始まり、全世界発売を待つ『スター・ウォーズ』のブルーレイボックスの発売が、9月16日に決定した。同時にMAYTHE4TH.STARWARS.COMというウェブサイトがオープンし、同サイトでは、9月16日の発売に向けたカウントダウンも始まる。

 3D版としてパワーアップしたシリーズの第1弾として『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』が2012年2月10日に米公開日されることも決定した本シリーズ。ボックスセットは、全6作品を収録した「スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX」、エピソード1から3を収録した「スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイBOX」そして4から6を収録した「スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイBOX」という、すべての「スター・ウォーズ」ファンに向けた3種類。特にサーガ全作が観られるこの「スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX」は、ファン垂涎のメイキング映像、貴重なドキュメンタリー映像、オーディオ・コメンタリー、舞台裏映像、インタビュー集、プロップや衣装回りなどのコレクション・アイテム集とともに楽しむことができる豪華9枚組。

特に注目したいのが、9枚目の「ディスク9 スター・ウォーズ ドキュメンタリー集」。

 このディスク9には、多くの削除されたシーン、エクステンデッド・シーン、別撮りされたシーン、新しいドキュメンタリー映像、そして過去30年以上にわたってポップカルチャー・シーンに数えきれないほど登場してきた「スター・ウォーズ」のパロディ傑作選も収録している。

ディスク9に収録されているファン垂涎の内容は以下のとおり。(資料提供:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社 原文ママ)

・世界の兵士たち大行進 (2007年、カラー約84分)
アクション・フィギュアを集めたい『スター・ウォーズ』ファンもいれば、一方でアクション・フィギュアそのものになりたいファンたちもいる。
これは、スター・ウォーズのコスチュームファンのグローバルな組織である501部隊への賛辞。このスーパーファンクラブが世界中のパーティーや注目を集めるイベントでのチャリティーとボランティアを通してどのように人々の関心を映画にむけているかということを見る事ができる洞察力に富んだドキュメンタリー。

・製作30周年記念 名匠たちとの会話(2010年、カラー 約25分)
ジョージ・ルーカス、アービン・カーシュナー、ローレンス・カスダン、ジョン・ウィリアムズが、スター・ウォーズ製作30周年を記念して『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』の制作を深く掘り下げて振り返る。名匠たちが史上最も愛されている映画のひとつである本作について語り合い、回想する。

・パロディー傑作選 (2011年、カラー 約91分)
アニメ「ファミリー・ガイ」「ザ・シンプソンズ」、人気ドラマ「How I Met Your Mother」など、何年にもわたって作られてきた爆笑必須の「スター・ウォーズ」パロディー傑作選をここに! ミュージシャン、ヤンコビックの「Weird Al」の「ファントム・メナス」にトリビュートしたミュージック・ビデオ的作品にも注目。

・製作秘話『スター・ウォーズ』(1977年カラー、約49分)
オリジナルの『スター・ウォーズ』がどのようにして大スクリーンで上映されるに至ったのか。Cー3PO と R2ーD2がホストを務め、その驚くべき舞台裏秘話を学ぶ興味深いドキュメンタリー映像。

・特撮のすべて~「帝国の逆襲」より(1980年、カラー約48分)
「遥か彼方の銀河系」での映画制作の秘密を探る。マーク・ハミルがホストを務めるドキュメンタリーで、「帝国の逆襲」制作においてジョージ・ルーカスのビジョンを現実に変換してみせた素晴らしい特撮(スペシャル・エフェクト)の舞台裏を垣間見る。

・クリーチャー(空想動物)のすべて~「ジェダイの帰還」より(1983年カラー 約48分)
「ジェダイの帰還」の制作映像には、ジョージ・ルーカスによる精密な技術の徹底した調査から生まれた昔のモンスターたちの映像クリップが散りばめられている。映画に登場する有名なクリーチャーやキャラクターたちを創りだす、その舞台裏ーそしてコスチュームの中へと迫る。

・デューバック徹底解剖(1997年、カラー約26分)
1977年オリジナルの『スター・ウォーズ』の特撮のうちのいくつかが、20年後、さらにどのように特別なものとなったのか。ジョージ・ルーカス自身が、彼のチームがどのように動かないゴムの人形だった(1977年公開のオリジナルで)デューバックを、1997年の『スター・ウォーズ』では一見にして生き生きとしたクリーチャーへと変換させたのかを説明&デモンストレーションする。

・『スター・ウォーズ』の空想科学(2007年、カラー約46分)
『スター・ウォーズ』に登場する乗り物、武器、小道具類の技術的な側面を研究する。『スター・ウォーズ』のテクノロジーは、物理学、補綴学、レーザー、工学、天文学などの専門分野の第一人者たちに助言を求めている。

「スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX」は税込み17,325円
「スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイBOX」「スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイBOX」は税込み8,610円で2011年9月16日発売


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 5日
  5. 『スター・ウォーズ』ブルーレイボックス発売は9月16日に決定!注目は9枚目のディスク 多くの削除されたシーンやパロディ傑作選も