マーティン・スコセッシ、『タクシードライバー』のリメイクを発表 5つのオムニバスで描いた異色作か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
公式にリメイク発表したと報じられたマーティン・スコセッシ

 映画『レイジング・ブル』『グッドフェローズ』などの傑作を物にしたマーティン・スコセッシ監督の次回作が、代表作の映画『タクシードライバー』のリメイク作品となる可能性が出てきたとScreenDailyが報じている。同作は、『タクシードライバー』をまったく違った五つの方法でリメイクした作品になる予定で、デンマークのラース・フォン・トリアー監督が参加するとみられている。

 ScreenDailyによると、フォン・トリアー監督とスコセッシ監督は、新作の共同製作を発表。フォン・トリアー監督には、1967年の映画『ザ・パーフェクト・ヒューマン(原題)/ The Perfect Human』を五つの違ったセットや状況で描いた映画『ラース・フォン・トリアーの5つの挑戦』があり、今回は、それと同じ試みをスコセッシ監督の『タクシードライバー』で行うと報じられている。詳細は明かされていないものの、来年の制作開始を予定しており、すでに配給会社とも内々に話を進めているという。

 スコセッシ監督は、ベストセラー文学「ユゴーの不思議な発明」の映画化作品が今年11月に全米公開を予定しているほか、遠藤周作の「沈黙」をダニエル・デイ=ルイスベニチオ・デル・トロガエル・ガルシア・ベルナルで映画化するというプロジェクトも抱えている。スコセッシ監督が『タクシードライバー』のリメイクにどれほどかかわるのかは、まだわかっていない。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]