被災地のペットを救いたい!「ポチたま」の松本秀樹の活動、60万以上の署名、1,000万近くの募金も

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
松本秀樹 - 写真提供:浅井企画

 テレビ東京系テレビ番組「だいすけ君が行く!!ポチたま新ペットの旅」に出演するタレントの松本秀樹がリーダーを務める東日本大震災Pets救済プロジェクトSave The Petsが行った「災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名」に、60万以上の署名が集まったことがわかった。同プロジェクトでは、「松本秀樹のNDS(Natural Dog Style)ペットと家族支援募金」も実施。現在までに918万1,439円(5月19日現在)と1,000万円近い募金が集まっているという。

 Save The Petsは、松本が代表を務める社団法人Natural Dog Styleが、東日本大震災の被害に遭ったペットたちを救済するために企画したプロジェクト。Natural Dog Styleでは、2007年の新潟県中越沖地震でも署名活動、募金活動を行っており、「25%以上のペット同伴の避難所及び仮設住宅の確保」の実現に大きく貢献している。今回の署名についても、60万人突破を受けて、国土交通大臣政務官で衆議院議員小泉俊明氏と面会を果たした松本は、「署名を書いた人もヤキモキしてるだろうから、早くしようね」(原文ママ)と早急に動くことを約束されたことを自身のブログで報告している。

 松本は、自身で被災地にも出向いている。16日から19日にかけて気仙沼にあるドッグホテルPAD&TAIL、仙台にあるペットショップdogwoodを訪れ、支援物資の提供などを行った。また、愛玩動物救命士、愛玩動物飼養管理士、1級、ホリスティックケア・カウンセラー、小動物飼養販売管理士、東京都動物取扱責任者など数々の資格、免許を持つ松本は、PAD&TAILで自らペットたちのシャンプー、爪切りを手伝い、支援活動を行ったという。連日被災地に関する報道がされても、後回しとなり、なかなか言及されないペットたちのこと。松本の活動によって、「被災地にはペットもいる」ということが、少しでも知れ渡ってほしい。(編集部・島村幸恵)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]