松本人志監督『さや侍』、何と前半はドッキリ!「台本は撮影終了後に渡した」と変わった撮影方法明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大爆笑する松本人志監督! 子役の熊田聖亜と主演の野見隆明も爆笑!

 6日、松本人志監督最新作『さや侍』のプレミア上映会が東京国際フォーラムで行われ、松本監督をはじめキャストの野見隆明板尾創路りょう國村隼柄本時生熊田聖亜ROLLY腹筋善之介が舞台あいさつに登壇し、なごやかなムードで撮影を振り返った。

映画『さや侍』場面写真

 同作は刀を捨てた侍とその娘が挑む30日の戦いを通し、親子の葛藤(かっとう)やきずなを描いた物語。松本監督は主演に素人の野見を起用するにあたって独自の撮影方式を取ったといい、「(野見には)台本は撮影が終了したときに渡しました」と驚きの告白。「(撮影の)前半はドッキリ。野見には撮影が映画とも僕が監督とも教えていなかったです。(劇中では)切腹が怖くて笑わす役なんですが、実際は助監督に怒られるのが怖くて笑わせていました」と冗談交じりに語り客席をどよめかせていた。

[PR]

 さらに、「野見は追い込めば追い込むほどテンパる」という松本監督の狙いで、現場では徹底して共演者は野見を無視するよう指示されていたという。柄本は「(娘役の)熊田ちゃんが目の前にいる野見さんが手を振っても無視していました」とちょっぴりかわいそうなエピソードを披露。その甲斐あってか野見は劇中で素晴らしい存在感を放っており、松本監督も「ふすまをぶち破るシーンで膝をすりむいているのも、手が震えているのも、全部本物です」と野見の体を張った演技を大絶賛していた。

 一方、野見はそんな撮影現場の裏事情を知らされて「ここまで徹底しているとは思わなかったです」と松本監督に感心しきり。一見はちゃめちゃではあったものの、「一日一日を一生懸命にやるしかなかったです」と充実していた現場を振り返り、「主役になれるとは思っていなかったのでドキドキです!」とぎこちなく笑顔をはじけさせていた。

 『さや侍』は侍として戦っていくことをやめた男と、そんな父を軽べつする娘のきずなや葛藤(かっとう)を、独自の笑いと悲しみを交えて映し出す作品。侍の男に、バラエティー番組「働くおっさん劇場」で人気を博した野見隆明、その娘を熊田聖亜が演じる。時代劇らしからぬ特異な設定など、松本監督ならではの一筋縄ではいかない展開に注目だ。(取材・文:中村好伸)

映画『さや侍』は6月11日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]