米アップル社がプロ用ビデオ編集ソフト「Final Cut Pro X」を3万5,000円で発売!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アップル社ロゴ - David Paul Morris / Getty Images

 米アップル社は6月21日に、プロ用動画編集ソフトの最新バージョンである「Final Cut Pro X」をオンライン・ストア「Mac App Store」で発売したことがロサンゼルス・タイムズ紙によって明らかになった。

 「Final Cut Pro X」の価格は299.99ドルで、パッケージ版は用意されずに「Mac App Store」でのみ販売され、ダウンロードが可能になっている。日本での価格は3万5,000円だ。

 約2年ぶりにアップデートされる「Final Cut Pro 」は、64ビットで再設計され、マルチコアをサポート、バックグラウンドのレンダリング、H.264やAVCHDなどの多種のフォーマットや4Kのサポートが追加されている。

[PR]

 さらに編集過程で、トラックレスのキャンバスで編集でき、好きな場所にクリップの入れ替えが可能になり、メインのクリップをサウンドエフェクトなどにリンクさせることも可能だ。要するに、多くのクリップを入れ替えながら、別のテイクとの比較なども含め、あらゆる機能を試すことができるようだ。

 そして「Final Cut Pro X」には、モーショングラフィックス作成のソフト、「Motion 5」と動画圧縮ツールの「Compressor 4」が付属されている。これらのソフトは49.99ドルで売られ、日本では単体で「Mac App Store」で販売している。より映画製作が身近な時代になったということなのか? (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]