Superfly、書き下ろしの新曲&未発表曲がブッキー主演映画の主題歌&イメージソングに!2曲提供は自身初!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『スマグラー おまえの未来を運べ』の主題歌&イメージソングを手掛けたSuperfly

 人気アーティストSuperflyが、“ブッキー”こと妻夫木聡が主演を務める映画『スマグラー おまえの未来を運べ』の主題歌とイメージソングを手掛けていることが21日、明らかになった。主題歌「愛をくらえ」は映画に感銘を受けたSuperflyが自ら書き下ろした新曲で、その曲を聴いて「感動した」という本作の山口雅敏プロデューサーが、未発表曲「I My Me Mine Mine」のイメージソング起用も熱望。そして、Superflyにとって初めてとなる映画への2楽曲提供が実現した。

映画『スマグラー おまえの未来を運べ』場面写真

 『スマグラー おまえの未来を運べ』は、CGやハイスピードカメラを駆使したスタイリッシュな映像美に定評のある石井克人監督の最新作。夢に挫折した25歳のフリーター(妻夫木聡)が多額の借金返済のために闇の運び屋(スマグラー)として働くことから物語が展開するアクション・エンターテインメント。スリルがあふれ、奇跡のラストが待つ本作に、Superflyの伸びやかな歌声が爽快感と感動をプラスさせている。

[PR]

 楽曲提供のオファーをした山口プロデューサーは、本作について「衝撃のラスト38分と、その後に圧倒的な爽快感が待ち構えている」と見どころを語り、ラストの余韻にぴったりなのは、「Superflyの伸びやかで力強い歌声だと思いました」と起用理由を明かす。Superflyが「それぞれの正義を生きて、信じる道を歩く。迫力ある演技に圧倒されました」と映画から感銘を受け書き下ろした主題歌「愛をくらえ」は、「過去を乗り越え未来へ今まさに踏み出す人たちを後押しする、時代の応援歌です」と山口プロデューサーが太鼓判。Superflyも「たとえ世の中にそっぽ向かれても、笑われたとしても、ありったけの愛を歌に込めて、信じる道を歩いていきたい。そんな思いを込めて作りました」と魂が込められた作品であることを明かした。

 そんな曲を聴いて感動したという山口プロデューサーは、Superflyの未発表曲「I My Me Mine Mine」のイメージソングとしての起用も熱望し、Superflyは本作に2曲、楽曲提供することとなった。Superflyが映画に2楽曲提供するのは初めての取り組みだ。妻夫木聡、永瀬正敏松雪泰子満島ひかり安藤政信ら多彩な顔ぶれが集まる本作に、Superflyという力強い味方が加わった。

 『スマグラー おまえの未来を運べ』は、漫画「闇金ウシジマくん」で小学館漫画賞を受賞した真鍋昌平の初期の名作「スマグラー」を、映画『鮫肌男と桃尻女』『茶の味』の石井克人監督が実写化。豪華キャスト陣の怪演も見どころだ。(編集部・小松芙未)

映画『スマグラー おまえの未来を運べ』は10月22日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]