加藤清史郎、なでしこジャパンの安藤梢選手からなでしこの花束プレゼント!でも重くてヨロヨロ~

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
なでしこジャパンの安藤梢選手からなでしこの花を受け取る加藤清史郎

 23日、映画『忍たま乱太郎』初日舞台あいさつが新宿バルト9にて行われ、映画初主演を務めた加藤清史郎林遼威(ろい)、木村風太の子役陣のほか、寺島進三浦貴大、杏、松方弘樹石垣佑磨、そして三池崇史監督が登壇。この日に69歳の誕生日を迎えた松方に加藤がサプライズでケーキをプレゼントしたほか、つい先ごろ日本中を熱狂させた女子ワールドカップで全試合に先発出場していた安藤梢選手が特別ゲストとして登場し、なでしこの花束を加藤にプレゼントした。

映画『忍たま乱太郎』写真ギャラリー

 エリート忍者を目指す主人公・猪名寺乱太郎を演じた加藤は「みなさんこんにちは! ちょうど去年の夏休みに暑い京都で撮影して、監督をはじめスタッフのみなさんに支えられていました。いよいよ今日から観てもらえるのは本当にうれしいです!」と相変わらずしっかりしたあいさつをした後、「撮影のときと比べて、今は身長が5センチ伸びています」とほほえましい自慢をして周囲を笑顔にさせた。さらに、トークの途中で突然ほかの子役たちと一緒に、この日誕生日を迎える松方のために「ハッピーバースデイ」を歌い出し、松方を驚かせていた。

[PR]

 大きい頭が特徴で、笑いながらひっくり返ると起き上がることができない稗田八方斎(ひえたはっぽうさい)を演じた松方はこの歌とケーキのサプライズプレゼントに満面の笑み。そして「(特殊メイクがすごくて)よく観ないとわからない俳優さんがいっぱい出ています。暑気払いに絶好の作品。おおいに笑って下さい!」と映画をアピールした。

 そしてサプライズ演出はこれだけに終わらず、つい先日、サッカー・女子ワールドカップで初優勝した日本代表(なでしこジャパン)で活躍した安藤梢選手(FCRデュイスブルク所属)が特別ゲストとして登場し、なでしこの花束を加藤にプレゼント。安藤選手は「今大会わたしたちなでしこは、チーム一丸となって大きな相手にも最後まであきらめない気持ちで立ち向かって、世界一になることができたと思います」と試合を振り返った。そして今作について「『忍たま乱太郎』は笑いもありますが、忍たまたちが最後まであきらめない気持ちに感動しました。今度は、この映画で日本を元気にして欲しいと思います」と絶賛コメントを寄せた。そんな安藤選手から豪華な花束を受け取った加藤だが、かなり重いらしくヨロヨロ状態に。それでも最後には「僕もこの映画で、金メダルを獲りたいです!」としっかりなでしこジャパンにちなんだコメントをして、主役としての務めをきちんと最後までこなしていた。

 本作は1986年に原作マンガの連載が始まり、NHKでアニメーション化もされた「忍たま乱太郎」の初の実写映画版。『十三人の刺客』の三池崇史監督がメガホンを取り、暗殺者に命を狙われる仲間を救うため、主人公・乱太郎(加藤)と忍術学園の生徒たちが戦う姿を壮大なスケールで描く。現在、すでに台湾、インドネシア、タイ、チェコ、スロヴァキア、ポーランドの6か国での配給が決定しており、さらに世界70か国以上から配給オファーが来ている状況だという。(古河優)

映画『忍たま乱太郎』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]