ザック・スナイダー監督、『ダークナイト』クリスチャン・ベイルと『ミルク』ショーン・ペンの共演でアフガニスタンを舞台に新作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
どんな作品に仕上げるのか? -ザック・スナイダー監督 - Kristy Sparow / Getty Images

 映画『300 <スリーハンドレッド>』や『ウォッチメン』のザック・スナイダー監督が、アフガニスタンを舞台にした新作『ザ・ラスト・フォトグラフ(原題) / The Last Photograph』で監督することが明らかになった。

ザック・スナイダー監督映画『エンジェル ウォーズ』場面写真

 同作は、ワーナー・ブラザーズとハリウッド・ギャング・プロダクションズが製作予定の作品で、ストーリーは戦争で引き裂かれたアフガニスタンで、戦場ジャーナリストと過去に兵士だった男が、誘拐された家族を解放するために共に協力しあうという構成になっているようだ。

[PR]

 現在のところ映画『ザ・ファイター』『ダークナイト』のクリスチャン・ベイルが戦場ジャーナリストにふんし、映画『ツリー・オブ・ライフ』『ミルク 』のショーン・ペンが過去に兵士だった男を演じることが決まっている。脚本は、『300 <スリーハンドレッド>』を執筆したカート・ジョンスタッドが執筆することになっている。

 製作はザック・スナイダーの妻デボラ・スナイダーと、映画『シャッター アイランド』のジャンニ・ヌナリが担当することになっている。これまで映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニールス・アルデン・オプレヴが同作を監督することになっていたようだが、どうやら降板したようだ。

 ちなみにザック・スナイダーは、これからスーパーマンの新作『マン・オブ・スティール(原題) / Man of Steel』を製作する予定で、早くてもその後に製作することになりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]