「プロジェクト・ランウェイ」のマイケル・コース 男性同士での結婚許可証を取得

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マイケル・コースとランス・レピール - Jamie McCarthy / WireImage / Getty Images

 リアリティ番組「プロジェクト・ランウェイ NYデザイナーズ・バトル」の審査員もしているデザイナーのマイケル・コースが、長年のパートナーであるランス・レピールとの結婚許可証を取得したという。

 ニューヨークでは同性結婚が6月に認められ、マイケルは、やっと結婚ができると喜んでいる。「長年にわたって交際をしてきたランスと僕は、地元ニューヨークで結婚する機会をやっと与えられ、大喜びしています」とUsウィークリーにコメント。相当豪華な結婚式と披露宴になるのではないかと思いきや、その予定はないそう。「大規模なパーティーは予定していません。結婚式はプライベートで行います」と言っている。

 ニューヨークの結婚許可証は、結婚する当人二人が揃って取得しなければならず、代理人をたてることはできない。マイケルたちは隠し立てするつもりはなかっただろうが、セレブで極秘結婚をしようとしている場合は、ちょっと難しいだろう。結婚許可証を受け取ってから、実際に結婚式を挙げるには24時間が経過していなければならず、60日以内でなければ無効となってしまうため、マイケルたちは2か月以内に式を挙げると思われる。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]