ジェーン・リンチ、3D映画版『glee/ グリー』から出演シーンがカットされる!ライアン・マーフィーが明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
劇場公開版から出演シーンがカットされたジェーン・リンチ - Jason Merritt / Getty Images

 大人気海外ドラマシリーズ初の劇場版として9月公開される『glee/グリー ザ・コンサート3Dムービー』から、スー・シルベスターを演じているジェーン・リンチの出演シーンをカットしたことを同作の製作総指揮を務めるライアン・マーフィーが明かした。予告編にあった登場シーンは、DVDに収録される予定だという。

 USA Todayが報じたところによると、プレミア上映を控えたこの時期に、ライアンは記者会見にて、劇場公開版からはジェーンの出演シーンをカットしたことを発表した。ジェーンは、2009年シーズン1よりグリー部に敵対心を燃やすチアリーディング部のコーチを好演。本作の予告編にも登場していたが、ライアンはそれらのシーンがすべて後日発売されるDVDやブルーレイにのみ収録されることを明かしている。なぜ出演シーンをカットしたのかは不明だ。

 先日にはレイチェル・ベリー役のリア・ミシェル、フィン・ハドソン役のコーリー・モンテースカート・ハメル役のクリス・コルファーの人気キャラクター3人が番組を卒業することが発表されるなど、絶大な人気がある一方で、出演者をめぐる状況は穏やかとは言い難い同シリーズ。劇中のストーリーはもちろんだが、ドラマ外での今度の展開も気になるところだ。(編集部・福田麗)

映画『glee/グリー ザ・コンサート 3Dムービー』は9月23日より、TOHOシネマズ 六本木ほかにて公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]