アレック・ボールドウィン、政界進出は2013年以降 ニューヨーク市長選挙へ出馬を検討

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アレック・ボールドウィン - Theo Wargo / WireImage / Getty Images

 かねてから政治への関心を示していたアレック・ボールドウィンが、2013年以降に、政界進出へ踏み切るつもりであることを明かしている。

アレック・ボールドウィン出演映画『ティーンエイジ・パパラッチ』場面写真

 2013年に行われるニューヨークの市長選挙へ出馬するのでは、とも言われているアレックだが、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、2013年のニューヨーク市長選はまだ出馬する準備ができていないとし、出馬するのなら2013年以降の選挙戦になるとコメント。アレックには、テレビドラマ「30 ROCK/サーティー・ロック」の出演契約が2012年まであり、また、市長となるのに相応しい知識と資質を身につけるため、政治分野での修士学位をとるつもりであることを明かした。さらに、アレックは20年近くマンハッタンにアパートを所有しながらも、正式な居住登録がロングアイランド州にあるため、これもニューヨークへと変更するつもりであるという。

 たびたびメディアで政治参加への意欲を語っていたアレック。2013年以降のニューヨーク市長選挙へむけ、準備万端でのぞむつもりのようだ。(竹内エミコ)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]