第3子妊娠のジェニファー・ガーナー、ノンフィクション本のテレビコメディをプロデュース

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェニファー・ガーナー - George Pimentel / WireImage / Getty Images

 夫ベン・アフレックとの第3子の妊娠を発表したばかりのジェニファー・ガーナーが、ノンフィクション本「ザ・ギークス・シャル・インヘリット・ザ・アース(原題) / The Geeks Shall Inherit the Earth」をもとにしたテレビコメディをプロデュースするという。

 「地球を継承するのはギークたち」という意味の題名がつけられた同作品は、それぞれが奇癖を持つギーク(オタク)と呼ばれる7人の高校生について書かれたもので、後にそれらの奇癖が実社会でいかに価値のあるものになるかを綴っている。高校時代は仲間はずれだった生徒たちが、高校卒業後になぜ成功するのかという理論について書かれており、スティーヴ・ジョブスやビル・ゲイツなどの成功を目の当たりにした今の世代にぴったりの本だ。

 テレビドラマ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」や「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」など、今はギークが大人気。コメディは30分もので、エマ・ストーンがブレイクするきっかけとなった映画『イージーA(原題) / Easy A』の脚本を担当したバート・ロイヤルがパイロットの脚本を手がけるとハフィントン・ポスト紙は報じている。製作局は、ジェニファーのテレビドラマ「エイリアス」を放送したABCで、ジェニファーとジュリアナ・ジェーンズの製作会社ヴァンダリア・フィリムズがプロデュースをするとのこと。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]