鈴木京香、スキャンダラス発言?禁断の愛に身を焦がす役に「わたしもためらったりしないでいけたらいい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
輝く美しさの鈴木京香

 23日、45歳の女性出版プロデューサーと妻をもつ17歳年下の会社社長とのスキャンダラスな純愛を描いた映画『セカンドバージン』の初日舞台あいさつが丸の内ピカデリー2にて行われ、鈴木京香深田恭子がシックなドレスに身を包んで登場したほか、長谷川博己黒崎博監督も登壇し会場を沸かせた。

映画『セカンドバージン』写真ギャラリー

 昨年NHKドラマで放送され女性を中心に人気を集めた本作とあり、会場には多くの女性が集結。トークではそれぞれの恋愛感について触れると、恋に身を焦がす大人の女を演じた鈴木は「17歳も年下の男性のところに飛び込んで行くまでは葛藤(かっとう)があったけど、いったん恋に落ちてしまうと年齢だとか状況の違いみたいなもの軽く飛び越えていく、それが愛情の深さだと思う。わたしもとまどったりためらったりしないでいけたらいいなと思います」と役を通して大胆な発言。

[PR]

 劇中で夫を奪われまいと奮闘する深田も「絶対に離婚したくないという思いが強いからこそ、過剰な行動に出てしまったりするのだと思います。そういう一途な気持ちはすてきなことだと思いますし、(演じた)万理江ちゃんほどにはなれないと思うけど、強い気持ちは大切にしていきたいと思います。調節は難しいですね」と意味深な発言で会場を沸かせた。

 そんな芯の強い女性2人に挟まれて長谷川は、慣れない舞台あいさつとあってか「僕は恋愛観とかはないんですよ」と照れ笑い。作品については「みなさんが魅力的で助けられました。鈴木さんと深田さんに愛していただいて、2人に鍛えられた感じです」と映画初出演作を感慨深く振り返った。この日は長谷川目当ての女性ファンも多く駆け付けており、鈴木は「長谷川さんは今きっと最大のモテキなんじゃないかな。このモテキが続くことを確信しています」と語りかけると、客性からも大きな拍手が沸き起こっていた。

 同作は仕事一筋に生きてきた45歳の女性出版プロデューサー(鈴木京香)と妻帯者である17歳年下の会社社長(長谷川博己)との禁断の恋愛を描き、2010年に放送されるやスキャンダラスな不倫愛が大きな話題を呼んだNHKのテレビドラマを映画化。ドラマでは描かれなかった衝撃の真実に焦点を合わせ、マレーシアの首都クアラルンプールを舞台に、より濃密で大胆な三角関係が展開する。(取材・文:中村好伸)

映画『セカンドバージン』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]