ダコタ・ファニング、17歳でセックスレスに悩む幼妻に!ビクトリア朝時代の三角関係スキャンダルを描いた作品

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新境地!?セックスレスに悩む幼妻を演じるダコタ・ファニング - Stephen Lovekin / Getty Images

 映画『I am Sam アイ・アム・サム』などで天才子役として一躍名をはせたダコタ・ファニングが、実在のスキャンダルを題材にした映画『エフィー(原題)/ Effie』で美術評論家ジョン・ラスキンの妻エフィー・グレイを演じることになったとDeadline.comをはじめとする複数のメディアが報じている。同作の脚本は女優としても知られるエマ・トンプソンが手掛けている。

まだ幼さの残るダコタ・ファニングが出演!『リリィ、はちみつ色の秘密』写真ギャラリー

 映画『エフィー(原題)』は、これまでにも幾度となく演劇やオペラで取り上げられた美術評論家ジョン・ラスキンとその幼妻エフィー、そして画家ジョン・エヴァレット・ミレーの三角関係を描いた作品。セックスレスで悩んでいたエフィーが、当時としては異例なことに女性側から婚姻無効の訴訟を起こしたことは多くのメディアで取り上げられ、一大スキャンダルに発展。その後、エフィーがラスキンを慕っていた画家のミレーと結婚したこともあり、19世紀を舞台にした、このドラマチックな恋愛模様は多くの文芸・舞台作品で扱われている。

[PR]

 当初、幼妻エフィーは、『つぐない』『ラブリーボーン』のシアーシャ・ローナンが演じるとみられていたものの、ここへ来て、ダコタが演じることに決定。それに伴い、当初はオーランド・ブルームが予定されていたラスキン役は、脚本を担当するエマ・トンプソンの夫であるグレッグ・ワイズが、ミレー役は『パイレーツ・ロック』のトム・スターリッジが務めることが発表されている。

 子どもらしい魅力で多くの観客の目を引きつけたダコタも、もう17歳。成長してからは映画『ランナウェイズ』でのシェリー・カーリー役など、これまでのイメージを覆すような役柄に挑戦しており、女優として大きな岐路に立っていることをうかがわせる。子役としてブレイクを果たした中には後に大成することがない人も多い世界だけに、今回の作品はダコタにとっては一つの節目となるかもしれない。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]