ジェシカ・アルバ、自分の写真と名前を勝手に使ったダイエット食品会社を訴える

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェシカ・アルバ

 ジェシカ・アルバがダイエット食品会社を相手取り100万ドル(約7,600万円)の損害賠償を求める訴訟を起こした。

ジェシカ・アルバ出演映画『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』写真ギャラリー

ジェシカが訴えたのは、産後の体重を落とす手助けとなるベリー・バンディットという商品を作っている会社。「すばやい産後ダイエットに成功したジェシカ・アルバの第2の秘訣」とパッケージに書かれており、許可なしにジェシカの名前を商品に使ったという。第1の秘訣にしなければ大丈夫とでも思ったのだろうか?

[PR]

訴状によると、現在は削除されているが、この会社のホームページの商品を絶賛するセレブのリストの中にもジェシカの名前と写真が勝手に加えられていたとのこと。TMZによると、ジェシカは損害賠償のほか、自分の名前を使って売り上げた商品総額のパーセンテージも要求しているらしい。

ジェシカは産後の体重を落とすために1200キロカロリーの食事とエクササイズでがんばっているとインタビューで語り、このダイエット食品は使っていなかったよう。「毎日45分のエクササイズは精神的にとてもいいのはわかっているの。でも、着替えて、実際に運動するのは最低。やる気を出すのは大変で、気を紛らわすためにジムにはiPod、テレビ、雑誌などが置いてあるわ。パートナーとエクササイズするのもいいアイデアよ。しゃべっていれば運動しなきゃいけないという嫌な気分に飲み込まれなくて済むから。こう言うと悪く聞こえる?だってエクササイズは大嫌いなんだもの」と語っていた。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]