「ダラス」のラリー・ハグマン がんと診断されたことを発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ラリー・ハグマン

 テレビドラマ「ダラス」のJ.R.ユーイング役で有名なラリー・ハグマンが、がんと診断されたことを発表した。

 80歳になるラリーは現在、「ダラス」の続編シリーズに出演中で、治療を受けながらJ.R.を演じ続けたいとの声明を出している。「J.R.は賄賂、恐喝、不倫など、なんでもありの人生だったが、僕はがんに捕まってしまった。みんなに知っておいてもらいたいのは、非常に一般的で治療可能ながんであるということ。今後は「ダラス」に出演しながら治療を受ける予定だ。愛する人たちと一緒に愛する番組を作りながら、がんと闘えることを心強く思っている。J.R.を打ちのめすことなんてできないさ!」とのコメントを出した。

 同ドラマを製作しているワーナー・ホライズン・テレビジョンとケーブル局のTNTは、全員でラリーをサポートしていくとの声明を出している。ラリーは1995年に肝臓移植を受けているが、今回のがんがこれに起因するものなのか、どこのがんなのかは明らかにしていない。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]