ジェームズ・フランコ、グッチの新しいオーダーメード・サービスの広告モデルを務める

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェームズ・フランコ - Elisabetta A. Villa / WireImage / Getty Images

 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』が公開中のジェームズ・フランコが、イタリアのブランド、グッチが新しく始めるオーダーメードの仕立てサービスで広告モデルを務めている。

ジェームズ・フランコ出演映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』写真ギャラリー

 英テレグラフ紙(電子版)によると、グッチは「世界中が舞台」というキャッチコピーのもとにキャンペーンを展開。広告用写真の撮影はローマの映画スタジオ、チネチッタで行われ、ジェームズがチェック柄のスーツを着てディレクターズ・チェアに座っている写真や、ストライプのスーツにブリーフケースを持った写真など、クラシックなイメージに仕上がっている。グッチのクリエイティブ・ディレクターは「ジェームズには、現代的なスタイルのなかに伝統的な気品を漂わせる力が備わっていて、フォーマルウェアを独特の形で表現してくれます」と語っており、ジェームズの雰囲気はブランド・イメージにぴったりのよう。ジェームズはこれまでも、2008年にグッチの香水のキャンペーンでモデルを務めたり、昨年のアカデミー賞授賞式の司会では全身グッチのオーダーメード服で決めるなど、縁も深い。

 グッチによると、このオーダーメード・サービスは今年末から世界中にある11店舗のショップで注文可能で、色や生地など、178通りの組み合わせが楽しめるという。(竹内エミコ)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]