女子高生の正体は魚介類!美女たちのズブ濡れエピソードに男性大喜び!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
佐武宇綺と加藤沙耶香、リップサービス!(左より)

 いつも濡れていないと生きていけない? という魚介類の女子高生が登場する映画『魚介類 山岡マイコ』の公開初日舞台あいさつが22日にシネ・リーブル池袋にて行われ、出演者の佐武宇綺高見こころ松下美保加藤沙耶香、そして梶野竜太郎監督が登壇し、映画同様に自由なトークで会場を盛り上げた。

映画『魚介類 山岡マイコ』予告編動画

 本作は見た目は女子高生だが、その正体は魚という奇想天外な主人公が、地上で暮らしながら困難を乗り越えて成長する姿を描くファンタスティックな青春ムービー。ピンチに陥ると出世魚として覚醒し、別の人間に変身する主人公の波瀾(はらん)万丈なストーリーが見ものの作品だ。

[PR]

 何とも奇抜な設定の山岡マイコ役の佐武は、オファーを受けた当時の心境を「どう演じたらいいのか? プレッシャーがありました」ともっともな感想で振り返る。その一方で、「でも監督から『いつもの宇綺を撮りたい』と言われたので、わたしのテンションの頂点を映したマイコになっています! すごく楽しい現場でした」と笑顔でコメント。それを受けた監督も「いつもの宇綺が小魚っぽかったんですよね」とその魚介っぷりに太鼓判を押していた。

 そして佐武以上に出演の喜びを表したのが加藤で、「わたしはエロイ、エロイと言われ続けて生きてきて、グラビアもやってきたのですが、元気のよさばかりでエロさを出す機会がありませんでした」と軽いグチをこぼしたあと、「でもこの映画で『脱がないエロさ』を出せたんじゃないかって思います!」と断言する。ところが、なぜか観客席から起こる忍び笑いに「何でクスクス笑ってるんですか!」と不満をあらわにすると、佐武から優しく「エロいよ」と慰められていた。

 その後、一同は「濡れる」という言葉を連発しながら、撮影中に制服が濡れて透けてしまったエピソードなどを次々と披露。ほぼ男性で占められた観客たちを、最後まで喜ばせていた。(肥沼和之)

映画『魚介類 山岡マイコ』はシネ・リーブル池袋にて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]