加藤夏希、役名間違え舌ペロリ!アクションは「ガチで撮影」!

第24回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
清楚(せいそ)な美しさで魅了した加藤夏希

 女優の加藤夏希が24日、六本木ヒルズを中心に開催中の第24回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門に出品された映画『レッド・ティアーズ~紅涙~』の舞台あいさつに参加し、自身の役名を間違えるというハプニングで会場を和ませた。この日は、共演の石垣佑磨、企画・製作を担当した倉田保昭辻本貴則監督も登壇し、撮影のエピソードや見どころについて語った。

第24回東京国際映画祭コンペティション作品紹介

 清楚(せいそ)な白いミニワンピース姿で登場した加藤は、「主人公・チヨコ役を演じさせていただきました加藤です」とまずはあいさつ。しかし、辻本監督から「紗代子(さよこ)です」と突っ込まれ、「あ、間違えた。紗代子です!」とかわいらしくペロリと舌を出して見せる一幕も。

[PR]

 そんなお茶目な加藤だが、映画のアクションシーンは、「特に誰かについて練習したとかはなく、ガチ」で撮影したそう。その気合いの入り具合には、「女性を主人公にしたアクション映画を作りたかった」という倉田が大絶賛。「アクション女優としては、志穂美悦子さんが有名ですが、彼女以上に甲乙つけがたい女優はいなかった。でも今回、夏希ちゃんが闘ってくれて、大満足です」と太鼓判を押した。

 実際のアクションシーンでは、倉田は「(加藤に)かなり(キックなどを)当てていました」というが、加藤は、「でもケガをしないアクションをしてくださる方なので、安心して身をまかせられました」とのこと。アクション俳優として世界的に有名な倉田が、「アクションは格闘じゃない。アートです。ケガをしないアクションを追及していくのが正解」と語ると、加藤も大きくうなずき、新たなアクション女優の誕生に、会場は期待の視線を注いでいた。

 映画『レッド・ティアーズ~紅涙~』は、連続猟奇殺人事件を追う刑事(石垣)が、美女(加藤)と出会い、互いに強くひかれ合いながらも、更なる謎に巻き込まれていく本格サスペンス・ホラー・アクション。映画『七福星』でジャッキー・チェンらと共演したアクションスター・倉田保昭が企画・製作を担当、実写オムニバス映画『真・女立喰師列伝』の辻本貴則が監督を務めた。(取材・文:尾針菜穂子)

第24回東京国際映画祭は10月30日まで六本木ヒルズをメイン会場に都内の各劇場などで開催中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]