ジェニファー・ロペス、「怪盗カルメン・サンデイエゴ」映画化で主演!?ディズニーが映画化しようしたこともある女泥棒もの!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェニファー・ロペス、主演なるか?

 日本でも発売されたゲームソフト「カルメン・サンデイエゴを追え!世界編」の映画化権をWalden Mediaが獲得し、同作の主演女優候補にジェニファー・ロペスが挙がっているとDeadline.comが報じている。希代の大泥棒カルメン・サンデイエゴは子ども向けの教育番組や教材に使われたキャラクターで、過去にはディズニーが映画化を企画していたこともあるという。

ジェニファー・ロペス出演!映画『Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?』写真ギャラリー

 「カルメン・サンデイエゴを追え!世界編」は日本でも1990年にPCエンジン用に発売された教育ゲームソフト。同作は、女泥棒カルメン・サンデイエゴの活躍に迫ったもので、後に全米ではテレビアニメ化もされている。Deadline.comによると、映画化権を獲得したWalden Mediaの関係者は、同作のプロデューサーとして名を連ねているジェニファー・ロペスを主演女優候補として考えている様子。だが現在のところジェニファーはプロデューサーとしてのみ作品にかかわる予定であり、実現するにしても、正式決定までにはまだまだ時間がかかりそうだ。

 「カルメン・サンデイエゴ」については、過去にもディズニーがサンドラ・ブロック主演で映画化しようとしたこともあり、実写化企画が改めて始動することは昔からのファンにとってうれしいことに違いない。カルメン・サンデイエゴのような女性キャラクターを主人公にしたハリウッド映画では、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『バイオハザード』シリーズ、アンジェリーナ・ジョリー主演の『トゥームレイダー』シリーズなどの成功例もあるだけに、今回も期待したいところだ。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]