ニューヨークの修道女、『天使にラブ・ソングを…』をめぐりスタジオを訴える

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ウーピー・ゴールドバーグが主演を務めた『天使にラブ・ソングを…』 - Time Life Pictures / Getty Images

 ウーピー・ゴールドバーグが主演した1992年のヒット映画『天使にラブ・ソングを…』をめぐり、ニューヨークのハーレムで活動家として運動をしている修道女、デロイス・ブレイクリーが製作スタジオのディズニーとソニー・ピクチャーズに対して訴えを起こした。

映画『天使にラブ・ソングを…』写真ギャラリー

 『天使にラブ・ソングを…』は、殺人現場を目撃したクラブ歌手のデロイスが修道院にかくまわれ、その間、修道女たちの聖歌隊を指揮することになるコメディー・ドラマ。映画公開後は、2億3,000万ドル(約177億円)の興行収入をあげるヒットとなり、続編やミュージカルもできるなど、現在でも人気作として親しまれている。

 ハリウッド・リポーター紙によると、映画の製作から約20年を経た今になって、ハーレムの修道女デロイスがこの映画について、1987年に出版した自伝「ザ・ハーレム・ストリート・ナン(原題) / The Harlem Street Nun」をもとにしたものだと主張している。デロイスはハーレムで人道活動を展開する運動家で、自伝では「歌の上手い、若い黒人の修道女で、街の人や若者たちに仕えていた」と自身を語っている。デロイスの申し立てによると、この自伝が出版された1987年、3ページにまとめたストーリーをハリウッドのスタジオ「トリ・スター」のプロデューサーへ送ったそう。その間、大物映画プロデューサーのスコット・ルーディンが興味を持ち、ディズニーへ持ち込んで映画化の企画が進んだという。デロイスは、この映画が自分のストーリーを盗んでおり、スタジオが契約違反、写真の乱用、物語の不当な飾り立てなどをしていると訴えている。これに対し、スタジオ側は今のところコメントを出していない。(竹内エミコ)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]