アンジェリーナ・ジョリー、まさかのゴールデン・グローブ賞ノミネート!「まったく期待していなかった」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
監督デビュー作でノミネートされたアンジェリーナ・ジョリー - Jason Merritt / Getty Image

 監督デビュー作がいきなりゴールデン・グローブ賞にノミネートされるという快挙を達成したアンジェリーナ・ジョリーが、ハリウッド・リポーターの取材に応える形で現在の心境を明かしている。さすがのアンジーもこの突然のニュースには驚いている様子だ。

アンジェリーナ・ジョリーが声優出演!映画『カンフー・パンダ2』写真ギャラリー

 アンジーの監督デビュー作『イン・ザ・ランド・オブ・ブラッド・アンド・ハニー(英題) / In the Land of Blood and Honey』はゴールデン・グローブ賞の最優秀外国語作品賞にノミネートされている。このニュースを移動中に聞いたというアンジーは、「そんなはずはない、と思ったわ。まったく期待していなかった」と振り返っており、まさに寝耳に水であったことを明かしている。全編セルビア・クロアチア語で撮影されている同作はアメリカ映画ではあるものの最優秀外国語作品賞にノミネートされており、その意味でもアンジーにとっては意外なノミネートだったのかもしれない。

 『17歳のカルテ』でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞をW受賞したアンジーは、ゴールデン・グローブ賞との相性が良く、受賞はならなかったものの、ここ4年で同賞には3度ノミネート。女優としての実力は誰もが認める一方、監督としては未知数だったため、今回のノミネートはアンジーにとって大きな収穫。受賞するかどうかはともかく、監督デビュー作が名誉ある同賞へのノミネートは大きなターニングポイントになりそうだ。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]