初演から25年「オペラ座の怪人」ミュージカルがついにテレビで初放映 27か国で公演、1億人以上動員の歴史的舞台

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「オペラ座の怪人」25周年記念公演inロンドンより - (c)2011 The Really Useful Group Limited. All Rights Reserved.

 1986年のロンドンでの初公演以来、全世界27か国で上演され続けた世界的な大ヒットミュージカル「オペラ座の怪人」がWOWOWライブにてテレビ初放送されることがわかった。アメリカのブロードウェイ、日本での劇団四季の公演などで世界的にその名を知られている「オペラ座の怪人」だが、その中でもこの舞台は2011年10月に収録された25周年記念公演という貴重なものだ。

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン

 ロイヤルバレエ・プリンシパルのセルゲイ・ポルーニンが特別出演するバレエシーンやオペラシーンは豪華絢爛(けんらん)な美しさ。2万個ものフルカットのスワロフスキー・クリスタルをあしらったシャンデリアは、美しさを超越しまさに圧巻。カーテンコールではオリジナル・キャストのサラ・ブライトマンや歴代の怪人役たちが出演し、有名なテーマ曲でその歌声を披露。総勢200名以上の出演者が登場し、まさにオペラ座の怪人の決定版ともいえる臨場感あふれるステージが繰り広げられる。

[PR]

 製作は、キャメロン・マッキントッシュ、作曲はアンドリュー・ロイド=ウェバー、出演はラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス、ハドリー・フレイザー、セルゲイ・ポルーニン。物語は19世紀のパリ・オペラ座から始まる。主演歌手に代わりコーラスガールのクリスティーヌ(シエラ・ボーゲス)が代役となった公演はを見事成功を収める。しかし、それは、オペラ座の地下に住み着く怪人(ラミン・カリムルー)がひそかに導いてきたおかげでもあった。醜い顔をマスクで隠した怪人は、公演後のクリスティーヌを地下に連れ出し、さらに歌のレッスンをほどこしていく。(編集部・下村麻美)

「オペラ座の怪人」25周年記念公演inロンドンはWOWOWライブにて3月20日(火曜日・祝)よる8:00放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]