吉高由里子は制御不能ロボット!? 吉高ワールドに巻き込まれた舞台裏の苦労を監督が暴露!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
制御不能? 吉高由里子

 14日、映画『ロボジー』の公開初日舞台あいさつがTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、出演者の吉高由里子五十嵐信次郎ミッキー・カーチス)、濱田岳、川合正悟(W...エンジン・チャンカワイ)、川島潤哉、矢口史靖監督、ロボットのニュー潮風が登壇。そのマイペースさで周囲を翻弄(ほんろう)し続けてきた吉高が、この日も巻き起こしたというハプニングを監督が暴露した。

映画『ロボジー』写真ギャラリー

 本作のプロモーションイベントに出席する度に、不思議な発言や行動で周囲を翻弄(ほんろう)し続けてきた吉高。この日も吉高ワールドは全開で、「すごく楽しく撮影できた作品です。今日は楽しんで……」と観客へのあいさつの途中でなぜか沈黙。かと思えば「おあとがよろしいようで」といきなり完結させてしまい、会場を爆笑に包み込んだ。

[PR]

 さらに吉高の伝説は続く。公開初日ということで、お祝いのために用意されていたくす玉を、吉高がリハーサル中に割ってしまったことを監督が暴露。「くす玉は裏でスタッフが詰め直したんです」と苦労を明かすと、吉高は「糸が垂れていたから、条件反射で引っ張りたくなったんです」とキュートに弁明していた。

 一方で、そんな吉高が登壇者たちからやり込められる場面も。弱小家電メーカーの3人組が新型ロボットの開発に失敗し、その場しのぎで中に老人を入れてロボット博に出場するという本作にちなみ、矢口監督は「次は吉高さんをロボットに入れましょうか」と次回の構想を提案。するとこれに便乗した一同により「ちょっとは静かになるかもしれない」「いや、より制御不能になる」「ロボット戦争映画になりそう」とイジり倒されるも、嬉しそうな笑顔を浮かべていた吉高だった。(肥沼和之) 

映画『ロボジー』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]