ブリトニー・スピアーズの元夫 減量番組撮影中に胸の痛みを訴え入院

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブリトニーの元夫ケヴィン・フェダーライン - Marc Grimwade / WireImage / Getty Images

 ブリトニー・スピアーズの元夫ケヴィン・フェダーラインが、減量をテーマにしたリアリティ番組の撮影中に病院に運ばれたという。

 元ダンサーだったケヴィンは、最近では昔の面影がないほど太ってしまっているが、リアリティ番組「エクセス・バゲッジ(原題) / Excess Baggage」で減量を試みている。しかし、オーストラリアのフットボールリーグと一緒にトレーニングをした後、胸の痛みを訴え、待機していた救急車によって病院に搬送されたとのこと。当初は軽い心臓発作と思われていたが、そうではなかったらしく、現在検査中だという。

 「走ってボールをキャッチするというトレーニングを終えたあと、ケヴィンは胸の痛みと脈が速いことを訴えました。撮影現場には救急隊員を数多く待機させており、すぐに軽い心不全として対処したあと、病院へ連れて行きました。今後は血液検査をする予定です」とスポークスマンはWENNに語り、まだ退院していないと言っている。ケヴィンは昨年12月にも撮影中に疲労で倒れている。プロがついているのだろうが、減量プログラムがきつすぎるのではないだろうか。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]