ゴールディ・ホーンがテレビドラマ「ザ・バイアグラ・ダイアリーズ」で、『ブライズメイズ』のポール・フェイグ監督とタッグ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ポール監督とのタッグ、楽しみだわ!! - ゴールディ・ホーン

 映画『プライベート・ベンジャミン』や『永遠(とわ)に美しく…』などでおなじみのゴールディ・ホーンが、昨年アメリカで大ヒットを飛ばしたコメディ映画『ブライズメイズ(原題) / Bridesmaids』の監督ポール・フェイグとタッグを組んで、新作テレビドラマ「ザ・バイアグラ・ダイアリーズ(原題) / The Viagra Diaries」を製作することがDeadline.comによって明らかになった。

ゴールディ・ホーン主演映画『バンガー・シスターズ』場面写真

 これは、チャンネルHBOが製作する予定の作品で、人気テレビドラマ「SEX AND THE CITY」のクリエイター、ダーレン・スターが製作総指揮を担当し、その監督にテレビドラマ「フリークス学園」のポール・フェイグがメガホンを取り、ゴールディ・ホーンが主演することになった。

[PR]

 同作は、バーバラ・ローズ・ブルッカーの同名小説を基に製作され、そのストーリーは35年間夫と連れ添った妻が、夫に捨てられてシングル生活を始めるが、思うようにいかない設定で描かれていくようだ。

 もともと、アラン&ウエンディー・リッチーの夫婦と彼らの息子ピーター・リッチーが原作の著作権を獲得して映画化する予定だったが、テレビドラマに切り替えたようだ。「SEX AND THE CITY」のダーレン・スターと、『ブライズメイズ(原題)』のポール・フェイグが、どんな化学反応を生み出すか楽しみだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]