アカデミー賞ノミネーション、驚きのダークホースが多数出現

第84回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サミュエル・ゴールドウィン・シアターにて主演男優賞を読み上げるジェニファー・ローレンスとアカデミー代表のトム・シャーク - Kevin Winter / Getty Images

 第84回アカデミー賞のノミネートが米西海岸時間24日、早朝5時半にアカデミー本部米ロサンゼルスのサミュエル・ゴールドウィン・シアターにて発表された。話題の白黒サイレント映画『アーティスト』が10部門でノミネートされたり、『ファミリー・ツリー』も主演男優賞をはじめ5部門でノミネート、そして『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』でサッチャー元英首相を演じたメリル・ストリープが主演女優賞候補に挙がるなど予想通りのエントリーも数多かったものの、マーティン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』が作品賞と監督賞を含む最多11部門でノミネートされたりと意表をついた“ダークホース”の出現も多かった。

最多ノミネート!映画『ヒューゴの不思議な発明』フォトギャラリー

 その筆頭を飾ったのが、映画『明日を継ぐために』のメキシコ男優デミアン・ビチルである。十代の息子をなんとか真っ当な人間に育てようと苦悩する違法移民の父親を演じたデミアンだが、主演男優部門では『J・エドガー』のレオナルド・デカプリオが有力視されていたので驚いた人も多かったようだ。レオはまだ若くこれからもチャンスのある俳優だし、それなら時にはマイノリティー俳優にも受賞のチャンスを、というアカデミーの配慮もあってだろうか。

[PR]

 次のビックリ候補は、『ドラゴン・タトゥーの女』で迫真の演技を見せた新人女優ルーニー・マーラの主演女優賞ノミネーションである。下馬評では映画『フィクサー』でオスカー受賞経験もあるティルダ・スウィントンが有力だったのだが、結局ノミネーションはルーニーに渡った。このノミネーションも前記のデミアン・ビチル同様に、一度受賞したことのある女優よりは新しい才能にチャンスをあげたい、というアカデミー会員たちの気持ちを反映した結果かもしれない。

 そしてもうひとつ意外エントリーだったのは、映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』の作品賞候補入りである。興行的にはイマヒトツだった映画だが、今回アカデミー賞助演男優賞候補となったマックス・フォン・シドーもこの作品への出演によるものだし、クオリティー的には抜群の作品だったといえる。ちなみにマックス・フォン・シドーが助演男優賞候補になったことで、有力視されていた『人生はビギナーズ』の助演男優候補クリストファー・プラマーが苦戦を強いられることになるかもしれない。

 当初の予想といくぶん異なる結果となった今回のアカデミー賞候補ノミネーションだったが、これがもとで最終結果にますます興味がわいてきたという映画ファンも少なくないだろう。いずれにせよ本番まであと1か月少々。これからがいよいよアカデミー賞レースの本番である。(文・ロス取材: 明美・トスト/Akemi Tosto)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]